ホーム > 電子県庁・県政運営・県勢 > 県土・まちづくり > 道路・交通 > 平塚土木事務所 > 県道63号(相模原大磯)の吾妻橋架替工事

更新日:2021年1月29日

ここから本文です。

県道63号(相模原大磯)の吾妻橋架替工事

「県道63号(相模原大磯)の吾妻橋架替工事」の業務内容紹介です

県道63号(相模原大磯)の吾妻橋架替工事


<事業概要>

県道63号(相模原大磯)は、国道16号から国道246号を経て国道1号を結ぶ主要な幹線です。本路線と県道62号(平塚秦野)が交差する「吾妻橋交差点」では、朝夕の通勤・通学時をはじめ慢性的な交通渋滞が発生しています。また、本交差点付近は歩行者・自転車の交通量が多く通学路でもありながら、歩道が狭小で一部が未整備のため、危険な状態となっています。

こうしたことから、交差点改良とこれに必要な「吾妻橋の架け替え」を行い、交差点周辺の渋滞緩和や交通安全対策を図るものです。(担当:街路公園班)

  • 路線名 県道63号(相模原大磯)
  • 事業区間 平塚市片岡地内
  • 事業延長 260m
  • 標準幅員 16m
  • 事業期間 平成21年度から

標準横断図(吾妻橋橋りょう部)

吾妻橋横断図

 ・完成図

吾妻橋完成図

<進捗状況>

令和2年5月20日に仮橋から新しい吾妻橋へ交通の切り回しを行いました。現在、迂回路や仮橋の撤去工事を進めています。

<旧橋>

azumabashikyukyo 

<新橋>

azumabashishinkyo

開通後の写真 令和2年5月20日撮影

 

 

このページの先頭へもどる

このページに関するお問い合わせ先

このページの所管所属は 平塚土木事務所です。