若者のための消費生活相談

掲載日:2020年10月23日

関東甲信越の16都県市(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県、横浜市、川崎市、相模原市、千葉市、さいたま市、新潟市)及び国民生活センターでは、悪質商法被害の増加、広域化を踏まえて、自治体間で広域的に連携し、同時期(1月から3月)に共同で若者向け悪質商法被害防止キャンペーンを実施します。

また、キャンペーンの一環として、若者のための消費生活相談を、下記のとおり実施します。

若者からの相談は、インターネットを利用した悪質商法や高額収入をうたうサイドビジネス商法に関するトラブルが特徴的です。また、最近では、化粧品等の通信販売の定期購入トラブルの相談が大幅に増加しています。

消費生活トラブルでお困りの方は、ひとりで悩まずに、お気軽にご相談ください!

若者のための消費生活相談

日時

令和3年1月19日(火曜)・20日(水曜)
 電話相談:9時30分から19時まで
 面接相談:9時30分から18時30分まで(聴覚障がいのある方を除いて要予約
 ※遠隔手話通訳サービスを利用した面接相談(9時30分から16時30分まで)もご利用いただけます。

実施

かながわ中央消費生活センター
(横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2 横浜駅西口 かながわ県民センター6階)

相談電話・面接予約

045-311-0999

面接相談は事前に電話予約が必要です(聴覚障がいのある方を除く)。

面接相談にあたってのお願い(新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策)

  • 必ず事前に電話で予約をお願いします。(聴覚障がいのある方を除く)
  • 事前予約をいただいた場合でも、次にあてはまる方は来所(面接相談)をお控えいただくようお願いします。
  1. 発熱(37.5度以上)、息苦しさ、強いだるさ、軽度であっても咳、咽頭痛などの症状のある方
  2. 過去2週間以内に感染が引き続き拡大している国・地域への訪問歴のある方、感染もしくは感染の疑いのある方が身近にいられる方など
  • 来所の際には、マスクの着用と手指消毒をお願いします。また、健康状態の確認のため、非接触型体温計による検温をさせていただきます。体温が37.5度以上の場合、当日の面接相談は見合わせていただきます。