感染防止対策取組書の登録情報のうち公開していない項目が一時的に閲覧できる状態になったことについて

掲載日:2020年9月12日
2020年09月12日
記者発表資料

政策局政策部総合政策課において送信した事業者向けアンケートにおいて、公開に同意いただいていない項目が閲覧できる状態になっていました。

1 概要

 「感染防止対策取組書」に登録し、オープンデータ活用にご同意いただいた飲食事業者(約15,000件)の中から、無作為に抽出した事業者(150件)に対し、店舗での感染防止対策実施上で疑問に思われる事項を伺うインターネットアンケートをメールで送信しました。

 当アンケートには、回答者の入力作業を省力化する目的で、「事業者名等」による検索機能を付与していましたが、実際に検索した時に、本来閲覧できない自者以外の事業者の「メールアドレス」と「責任者」が一時的に閲覧できる状態になっていました。

 この間、6事業者がこの機能を使って検索したことが確認できました。6者のうち5者は自者を検索、1者が自者のほか、6つの事業者を検索したことが確認されました。

2 経緯

令和2年9月11日

 10時00分頃 事業者(50件)にメールを送信

 19時50分頃 事業者(100件)にメールを送信

 20時34分頃 事業者から「本来閲覧できない情報が閲覧できる状態になっている」との連絡

 21時16分頃 閲覧できない状態に修正

3 原因

回答フォームのチェック体制が不十分であったため。

4 今後の対応

検索された6事業者に対して、現在、謝罪及び状況の説明を行っているところです。

情報取扱時に係るチェック体制を改めて見直し、再発防止の徹底を図ります。

問合せ先

神奈川県政策局政策部

科学技術・政策研究担当課長 中島 電話045-285-0889

総合政策課政策研究グループ 大橋 電話045-210-3081