高速横浜環状南線に係る行政代執行の実施について

掲載日:2020年11月27日
2020年11月27日
記者発表資料

高速横浜環状南線の収用裁決事案について、土地収用法第102条の2第2項の規定に基づき以下のとおり行政代執行を実施することとなりましたので、お知らせします。

1 対象事業

〔起業者の名称〕

国土交通大臣及び東日本高速道路株式会社

〔事業路線〕

高速横浜環状南線(釜利谷JCT~戸塚IC(仮称)間)

2 代執行の目的

平成30年2月22日付けで神奈川県収用委員会が行った明渡裁決において定められた、平成30年10月22日までの土地の明渡義務が履行されないため、起業者から代執行請求を受けた県は、土地収用法及び行政代執行法の規定に基づき、義務者に代わり土地の明渡しをしようとするもの。

※ 起業者は、任意の用地交渉を継続してきたが、明渡義務が履行されないため、令和2年6月25日に県に対して代執行の請求を行った。

3 代執行の予定期間

令和2年11月27日(金曜日)から同年12月22日(火曜日)まで

4 代執行の対象

(1)収用する土地 神奈川県横浜市栄区飯島町地内

(2)移転又は撤去する物件 木造建物、工作物、立竹木、動産

5 移転義務者

1名(物件所有者)

※ 氏名及び住所等の詳細は、非公表

6 代執行のスケジュール

順序  作業工程 内容
1 代執行開始宣言 執行責任者が、代執行開始を宣言
2 対象物件(動産等)の移転 対象物件(動産等)を代執行区域外へ移転
3 対象物件(建物等)の撤去 対象物件(建物等)を撤去
4 代執行終了宣言 執行責任者が、代執行終了を宣言

・代執行作業については、最初の2日間で動産の移転等を行う予定としており、その後に、建物等を撤去することになります。

・全ての物件撤去等が終了次第、代執行を終了して、起業者へ土地を引き渡します。

・作業の進捗状況、天候等により、スケジュールを変更することもあります。

7 取材について

取材を希望される場合、事前に下記【代執行に関する問合せ先(用地課)】まで御連絡下さい。

問合せ先

【代執行に関する問合せ】

神奈川県県土整備局事業管理部用地課

課長 上村 電話045-210-6140

企画指導グループ 杉本 電話045-210-6145

 

【高速横浜環状南線に関する問合せ】

神奈川県県土整備局道路部道路企画課

課長 西山 電話045-210-6400

国道調整グループ 中津川 電話045-210-6423