教員免許を取得又は更新するには

掲載日:2019年8月22日
問い合わせ先

教員免許状を取得する主な方法

  1. 文部科学大臣から教職課程の認定を受けている大学等において必要な単位を修得するとともに、必要な基礎資格を得ることにより申請する。
  2. 教員としての実務経験に加え、大学等において必要な単位を修得することにより、上級免許状や隣接校種、特別支援学校教諭及び栄養教諭の免許状を申請する。
  3. 既に持っている教員免許状を基礎に、大学等において必要な単位を修得することにより、他教科の免許状を申請する。
  4. 文部科学省が行う教員資格認定試験に合格することにより申請する。
  5. 保健師免許を基礎資格として大学等において必要な単位を修得し養護教諭2種免許状を申請する。
  6. 保育士等としての実務経験に加え、大学等において必要な単位を修得することにより幼稚園教諭免許状を申請する。

教員免許状の有効期間の更新等をする方法

  1. 大学等が実施する免許状更新講習を受講・修了したことにより有効期間の更新(更新講習修了確認)の申請をする。
  2. 免許状更新講習の受講の免除を受ける申請をする。
  3. 病気休職、育児休業、海外派遣等のやむを得ない事由により有効期間(修了確認期限)の延長(延期)を申請する。
  4. 修了確認期限を過ぎてから更新講習を受講・修了することにより有効性の回復申請をする。

※現職教員の方は、1、2、3のいずれかの申請となり、現職教員以外の方は、1または4の申請となります。

教員免許状の種類

 教員免許状には、幼稚園、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校の学校等種別の教諭、養護教諭及び栄養教諭の普通免許状(専修、1種及び2種)特別免許状、ならびに臨時免許状があります。

申請先:教職員企画課

免許状取得等の申請の場合

申請できる方

  • 神奈川県内にお住まいの方、または神奈川県内の学校に教員として勤務する方

申請方法

 申請者本人が直接窓口へ書類を提出してください。ただし、県内学校・幼稚園の現職の教員が申請する場合は、学校・幼稚園や所管の教育委員会を通じて申請する方法もありますので、学校・幼稚園の管理職へ相談してください。

免許状更新等の申請の場合

申請できる方

  • 神奈川県内の学校に勤務する現職の教員の方
  • 申請時に現職教員でない場合は、神奈川県内にお住まいの方

申請方法

 申請者本人が直接窓口へ書類を提出してください。ただし、県内公立学校の現職の教員の方は、学校や所管の教育委員会を通じての申請となりますので、学校の管理職へ書類を渡してください。
 また、私立・国立の現職の教員の方は、学校でとりまとめて管理職が申請をすることも可能です。

問合せ方法等

 免許状取得のための必要単位数等は、申請方法等によって異なりますので、お問合せは、詳しい状況をこちらから直接お尋ねできる電話または窓口にてお願いします。
 なお、教員免許状の授与申請にあたっては、旧免許状所持者の方(平成21年3月31日までに授与された免許状を1枚でもお持ちの方)については免許状の有効性が確認できることが必要です。
 また、新免許状の授与申請(旧免許状所持者以外の場合)には、所要資格を得てから10年以内であることが必要です。
 教員免許状に関する各種申請等については、次のホームページをご覧ください。

※申請の内容によっては、受付停止期間を設けているものもありますので、電話またはホームページにてご確認の上、お越しくださいますようお願いします。


このページの先頭へもどる

本文ここで終了