6月から9月は「夏季のVOC対策」重点実施期間です!

掲載日:2020年5月27日
2020年05月27日
記者発表資料
(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市、相模原市、静岡県同時発表)

光化学スモッグは、気温が高く日射量が多い夏季を中心に、光化学オキシダントが高濃度となり発生します。首都圏でも光化学スモッグ注意報が毎年発令されており、その対策には、主要な原因物質である揮発性有機化合物(VOC)の排出削減が重要です。また、VOCの排出削減は、微小粒子状物質(PM2.5)等の低減にも有効と考えられています。九都県市(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市、相模原市)では、光化学スモッグ対策の一環として、6月から9月を「夏季のVOC対策」重点実施期間に設定し、事業者や住民に向けてVOCの排出削減を広く呼び掛け、光化学スモッグ等の改善に取り組みます。また、神奈川県では山梨県と静岡県とも連携して、同様の対策に取り組みます。
※VOCとは、Volatile Organic Compoundsの略で、塗料、洗浄剤などの有機溶剤に含まれる成分です。

1 重点実施期間

令和2年6月1日(月曜日)から令和2年9月30日(水曜日)まで

(光化学スモッグ注意報が発令されやすい7~8月及びその前後を含めた期間)

2 VOC排出削減に向けた主な取組

 事業者や一般家庭で実施できるVOC削減手法の普及啓発

※ 九都県市あおぞらネットワークホームページ内の「九都県市の取組」

http://www.9taiki.jp/ox/ox_effort.html)でも具体的な取組を紹介しています。

 事業者や業界団体に対するVOC等の原因物質削減の取組促進に向けた協力依頼

〇 各都県市のホームページや広報紙を用いた情報発信

3 PM2.5、光化学スモッグに関する情報提供(通年実施)

PM2.5高濃度予報や光化学スモッグ注意報の発令は、県ホームページで行っています。

PM2.5(微小粒子状物質)について

(https://www.pref.kanagawa.jp/docs/pf7/pm/index.html)

光化学注意報発令状況メインメニュー

(https://www.pref.kanagawa.jp/sys/taikikanshi/kanshi/hatsurei/index.html)

問合せ先

神奈川県環境農政局環境部大気水質課

課長 長谷川 電話 045-210-4120

大気環境グループ 吉江 電話 045-210-4111