アジア・南米の文化入門 インドネシア

掲載日:2020年10月14日

アジア・南米の文化入門 インドネシア

(講座番号 文-26)

  • 開催日:2020年10月31日から11月28日(土曜日 全4回 ※11月14日を除く)
  • 開催時間:13時30分から15時00分
  • 受講料:6,000円
  • 定員:10名 定員を超えた場合は抽選
  • 講師:専修大学 非常勤講師 蓮池 隆広
  • 申込期限:2020年10月13日(火曜日)必着(定員に達しない場合は10月30日16時まで受付。)
  • 受講対象者:インドネシアの文化・社会について関心のあるかた
  • 内容:近年ますます注目を集めるインドネシア。日本とは長く密接な関係にあり、日本を訪れるインドネシアの人たちも増えています。この講座では、インドネシアのこれまでの歩みと現在の姿を知り、この国への理解を深め、人々との交流とコミュニケーションをすすめる一助となることを目指します。インドネシアの文化、社会、宗教、日本との関係について、映像や音楽なども交えつつ、紹介していきます。
  • 1回目
    「インドネシアの歩み」
     オランダ植民地から、日本軍政、独立戦争を経て、独立を達成したインドネシア。スカルノの時代からスハルトの時代へ。20世紀のインドネシアの歩みを、各時代の文化や日本との関係にも目を配りつつ、たどっていきます。
    2回目
    「インドネシアの現在」
     1998年以降の民主化の進展と経済発展・グローバル化のなかで変化するインドネシア社会。現代のインドネシアの姿とその直面する問題を見ていきます。
    3回目
    「宗教と社会」
     世界最大のイスラーム人口を持つインドネシアにおいて、宗教が社会のなかでどのような役割を果たしてきたかを見ていくと同時に、日本に滞在するインドネシア人の食事や礼拝等をめぐる問題も考えてみます。
    4回目
    「伝統文化と現代の文化」
     多彩な伝統文化と、近現代のインドネシアが生み出してきた新しい文化。インドネシアの文化の豊かさと魅力を見ていき、また、日本や神奈川における文化交流や文化紹介にも触れたいと思います。

     

(この講座の申込受付は終了しました)

現在申込受付中の開講講座に戻る