「新型コロナウイルス感染症の感染拡大下における自殺の状況」をまとめました

掲載日:2021年12月24日
2021年12月24日
記者発表資料

県では、新型コロナウイルス感染症の感染が拡大した2020年に自殺者が大きく増加したことを踏まえ、警察庁の自殺統計等を活用して、本県の自殺の状況の傾向把握や、過去5年平均との比較による2020年の特徴の把握に着目した分析を行いました。今後は、この分析結果を活用し、対策の充実強化を図っていきます。

「新型コロナウイルス感染症の感染拡大下における自殺の状況」のポイント

1 2020(令和2)年の自殺の概況の見える化

 ・主に、2020年と過去5年平均(2015~2019年)を比較することにより、2020年の自殺の特徴を総数、男女別に把握した。

2 女性の自殺者の増加

 ・2020年の自殺者数は男女合わせて前年比193人増加したが、内訳は男性79人、女性114人で、女性の増加が顕著であった。また、女性の中でも、「被雇用者・勤め人」と「主婦」の増加が多かったことから、これらについて詳細に分析した。

3 学生・生徒等の自殺者の増加

 ・2020年は、「児童・生徒」、「大学生・専修学校生等」のいずれも男女ともに過去5年平均を上回ったことから、これらについて詳細に分析した。

 

「新型コロナウイルス感染症の感染拡大下における自殺の状況」のホームページアドレス

https://www.pref.kanagawa.jp/docs/nf5/jisatsutaisaku/toukei/r1.html

【目次】

1 2020(令和2)年の自殺の概況の見える化

 (1)全体概況

 (2)男性の概況

 (3)女性の概況

 (4)著名人の自殺及び自殺報道の影響

2 女性の自殺者の増加

3 学生・生徒等の自殺者の増加

4 【参考】2020年度におけるこころの悩みにかかるSNS相談の状況

 

 付録

1 年齢階級別自殺者数の状況

2 他県と比較した本県の自殺者数の状況

3 自殺対策に関する参考統計資料

問合せ先

神奈川県健康医療局保健医療部

精神保健医療担当課長 小泉
電話045-285-0227

がん・疾病対策課

副課長 中山
電話045-210-4799