介護者がコロナ入院で不在となった在宅の難病患者への対応について

掲載日:2020年6月9日
2020年06月09日
記者発表資料

家族が新型コロナウイルス感染症で入院し、介護者が不在となり、在宅で常時医学的管理が必要な難病患者が取り残された場合に備えるため、本人が陰性の場合に受け入れる「在宅難病患者受入協力病院」を整備します。

1 在宅難病患者受入協力病院について

湘南鎌倉総合病院

国立病院機構箱根病院

など

 

2 入院の流れ

家族等の介護者が新型コロナウイルス感染症で入院し、介護者が不在となった在宅難病患者の入院が必要とされる場合、まずご本人に迅速にPCR検査を行い、検査結果が陰性の場合は、在宅難病患者受入病院に一時的に入院していただきます。

 

添付資料 介護者がコロナ入院で不在となった在宅の難病患者への対応(PDF:169KB)

 

問合せ先

健康医療局保健医療部がん・疾病対策課

課長 濵
電話 045-210-4772

難病対策グループ 宮下
電話 045-210-4775

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。