県内のギャンブル等依存症の実態調査の速報について

掲載日:2020年6月26日
2020年06月26日
記者発表資料

神奈川県では、本県のギャンブル等(※1)依存症の実態を把握し、今後の本県におけるギャンブル等依存症対策推進の参考とするため、「娯楽と生活習慣に関する調査」を実施しました。
このたび、調査結果の速報がまとまりましたので、お知らせします。

調査結果のポイント

・過去1年以内の「ギャンブル等依存が疑われる者」の割合推計は、18歳以上の人で0.8%でした。
・最もよくお金を使ったギャンブル等は、「パチンコ・パチスロ」でした。
・過去1年以内の「ギャンブル等依存が疑われる者」の賭け金は、平均で1か月に30万円(※2)、中央値(※3)3万円でした。

調査の概要及び結果

調査対象 県内(横浜市を除く)に居住する18歳から74歳の方6,750人
抽出方法 住民基本台帳からの無作為抽出
調査方法 郵送による調査票の配布及び回収
調査期間 令和2年2月から3月まで
回答者数 全体数 2,687人(回収率39.8%)
有効数 2,257人(SOGS(※4)の過去1年以内、生涯の質問に全て回答した者)
ギャンブル等依存症が疑われる者(SOGS5点以上、過去1年以内) 推計値 0.8%(0.4%~1.2%)(※5)
(16名/2,257名)(※6)
(内訳)パチンコ・パチスロに最もお金を使った者(※7) 0.7%(0.3%~1.0%)(※5)
(14名/2,257名)(※6)
ギャンブル等依存症が疑われる者(SOGS5点以上、生涯) 推計値 4.9%(4.0%~5.8%)(※5)
(105名/2,257名)(※6)
(内訳)パチンコ・パチスロに最もお金を使った者(※8) 3.8%(3.0%~4.6%)(※5)
(86名/2,257名)(※6)

なお、横浜市内にお住いの方については、横浜市が「横浜市民に対する娯楽と生活習慣に関する調査」を実施していますので、本調査では調査対象に含まれません。

 

(※1)「ギャンブル等」の「ギャンブル」は、競馬、競輪、オートレース、モーターボート競走といった公営競技を指し、「等」は、パチンコやパチスロ等の射幸行為を指します。
(※2)平均には証券の信用取引、または先物取引市場への投資に係る高額案件が含まれています。
(※3)中央値は、データを大きさの順に並べたとき、全体の中央に位置する値です。
(※4)SOGS(The South Oaks Gambling Screen)は、世界的に最も多く用いられているギャンブル等依存の簡易スクリーニングテストである。12項目(20点満点)の質問中、その回答から算出した点数が5点以上の場合にギャンブル等依存症の疑いありとされる。
(※5)数値は性別・年齢調整後の値。
( )内は95%信頼区間:同様の方法で標本調査と区間の作成を100回行った場合、そのうち95回程度で真の値を含む区間
(※6)内は実数
(※7)過去1年以内に、最もお金を使ったギャンブル等の種別に関する内訳
(※8)生涯を通じて、最もお金を使ったギャンブル等の種別に関する内訳

調査関係資料

調査票はこちら(PDF:797KB)

問合せ先

神奈川県健康医療局保健医療部

精神保健医療担当課長 小泉 電話045-285-0227

がん・疾病対策課精神保健医療グループ 吉原 電話045-210-4727 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。