「土砂災害」防止の取り組み

掲載日:2021年1月19日

テキスト:土砂災害防止の取り組み  

「土石流」対策

津久井治水センターの管轄する地域は山間部が多く、土石流発生の危険性の高い渓流が多いため、土砂災害対策として砂防工事を進めています。
また、魚類や植生等の自然環境や景観に配慮した工法を取り入れて、砂防堰堤・床固工・渓流保全工等の砂防施設の整備を進めています。
 

イメージ図:土石流

土石流:土石流危険渓流とは

山腹や川底の石や土砂が、長雨や集中豪雨などで、いっきに下流へ押し流されるものを「土石流」といいます。スピードが速いために人命にかかわる大きな災害になることが多く、このような被害をもたらす恐れのある渓流を「土石流危険渓流」といい、当事務所管内では219渓流あります。

砂防指定地とは

砂防指定地とは、土石流の氾濫に対処するため砂防設備の設置が必要と認められる区域等において国土交通大臣が指定する土地です。禁止・制限行為は都道府県の規則によって定められています。 当事務所管内では、64渓流、97箇所が砂防指定地に指定されています。
 

主な工法紹介

写真:柏木沢第2堰堤

砂防堰堤工(鋼製スリット堰堤)
施工箇所:相模原市緑区佐野川
渓流名:柏木沢


この堰堤は、渓流の連続性に配慮した透過型堰堤のなかでも鋼製スリットB型を採用しています。
 

写真:大堀沢第2堰堤

砂防堰堤工(鋼製ダブルウォール堰堤)
施工箇所:相模原市緑区青山
渓流名:大堀沢


この堰堤は軟弱地盤に適した堰堤型式で、鋼製ダブルウォール堰堤と呼ばれるものです。

このページの先頭へもどる

「がけ崩れ」対策

津久井治水センターの管轄する地域は山間部が多く、がけ崩れ発生の危険性の高い箇所が多いため、その対策として急傾斜地崩壊対策工事を進めています。
急傾斜地崩壊危険区域は、9箇所について指定がなされています。実施にあたっては安全で自然と調和したがけ崩れ対策を目指しています。
 

イメージ図:がけ崩れ

がけ崩れ:急傾斜地崩壊危険箇所とは

がけ崩れ(急傾斜地の崩壊)とは、雨や地震などの影響で地盤がゆるみ、突然斜面が崩れ落ちる現象です。急な斜面で発生しやすいため崩壊速度が極めて速く、逃げ遅れる人が多いという特徴があります。 
このような被害のおそれがある場所を急傾斜地崩壊危険箇所といい、当事務所管内では910箇所あります。

急傾斜地崩壊対策事業について

急傾斜地崩壊危険区域の指定について 

急傾斜地崩壊対策工事を実施するためには、住民及び土地所有者の要請に基づき「急傾斜地崩壊危険区域」に指定する必要があります。
指定を受けられる条件
斜面の角度が30度以上、高さが5m以上。
斜面の崩壊により危害が生じるおそれがある家が5戸以上。
5戸未満であっても官公署、学校、病院、旅館等に危害が生じるおそれがある場合。

急傾斜地崩壊対策工事について 

本来、がけ地の防災工事は、土地の所有者等が行うべきですが、工事には多大な費用と高度な技術を必要とすることから、「急傾斜地崩壊危険区域」に指定された区域の中で、一定の要件を満たす場合に、土地の所有者の皆様に代わって県が工事を実施することができます。なお、工事実施後の施設は県の所有物ですが、日常の管理(草刈り、排水溝の掃除等)は、お住まいになっている方々やその土地の所有者で行っていただきます。
工事実施基準
自然斜面であること。
斜面の角度が30度以上、斜面の高さが10m(※5m)以上であること。
移転適地がないこと。
斜面の崩壊により危害が生じるおそれのある家が10戸(※5戸)以上密集していること。
斜面の土地所有者の敷地境界が決まり、工事に必要な土地を無償で貸与すること。
※県単独費用による工事実施の基準

主な工法紹介

写真:コンクリート張工

コンクリート張工
施工位置:相模原市緑区与瀬
区域名:与瀬


厚さ50cm程度のコンクリートにより、のり面の風化、浸食および軽微な剥離・崩壊等を防止するための構造物です。
 

写真:法枠工

法枠(のりわく)工
施工位置:相模原市緑区久保沢
区域名:久保沢


法枠工は、切土のり面、自然斜面などに連続したコンクリートの格子枠を作ることによってのり面の安定を図ります。
また枠内を緑化することにより周辺環境との調和を図ることができます。

このページの先頭へもどる

いざという時のために

こんな前ぶれに注意(土石流)

- 山鳴りがする  - 雨が降り続いているのに川の水位が下がる
- 川の流れが濁ったり流木が混ざりはじめる

こんな前ぶれに注意(がけ崩れ)

- がけからの水が濁る  - がけに亀裂が入る
- 小石がパラパラ落ちてくる

いざというときの心がまえ

- 雨に注意していますか
- 逃げ方を知っていますか
- 避難場所は決まっていますか

「土砂災害のおそれのある区域」を知るには?

-「神奈川県土砂災害情報ポータル」からご覧頂くことができます。

 このページの先頭へもどる

本文ここで終了

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa