ホーム > 健康・福祉・子育て > 医療 > 医薬品 > 申請・届出(薬務課) > 薬局機能情報提供制度運用の全国統一システムへの移行について

更新日:2023年12月1日

ここから本文です。

薬局機能情報提供制度運用の全国統一システムへの移行について

 医薬品医療機器等法により、全ての薬局の開設者は、医療を受ける者が薬局の選択を適切に行うために必要な情報として、法令で定められた事項を、毎年都道府県に報告すること及び報告した事項を自ら患者等の閲覧に供することが義務づけられています。神奈川県では、この制度の運用にあたり、報告用ホームページを開設し、原則として神奈川県医療・薬局機能情報登録システム(以下「県システム」という。)により報告していただいておりますが、このたび県システムが全国統一システムへ移行することに伴い、令和6年1月より厚生労働省が運用する医療機関等情報支援システム(以下「G-MIS」という。)において報告していただくことになりました。

 

全国統一システムの概要

厚生労働省が構築を進める、全国統一システムの概要は次のとおりとなります。

今後、薬局の開設者は、都道府県に対して行う薬局機能情報の報告をG-MISを用いて行うこととなります。

また、都道府県が行う薬局機能情報の公表については、全国統一システムを用いるようになります。

それに伴い、令和6年4月からは「かながわ医療情報検索サービス」の薬局に係る情報は全国統一システムに移行する予定です。

 

<全国統一システムのイメージ図>

<厚生労働省が構築を進める全国統一システムのイメージ図>

今後の報告方法について

現在、県システムに入力いただいている薬局機能情報に係る報告については、令和6年1月以降はG-MISにおいて報告していただくことになります。そのため、令和5年度の定期報告から、G-MISにおいて報告することになります。紙で報告されていた薬局の皆様につきましても、原則はG-MISにおいて報告をしていただきますようお願いします。

G-MISで報告するために必要な準備

<厚生労働省G-MIS事務局からの電子メールを確認できた薬局の皆様へ>

G-MISにログインするためのアカウント情報に関するお知らせは、令和5年10月23日及び令和5年11月6日に厚生労働省G-MIS事務局(~~@g-mis.net)から県システムで使用しているメールアドレスあてに電子メールで送付しました。アカウント情報を受け取った薬局の方は、令和6年1月5日開始予定の定期報告に向けてログインアカウントの準備が整ったことを確認できます。

なお、電子メールを受け取った時点では、定期報告はできません。定期報告開始までお待ちください。

<厚生労働省G-MIS事務局からの電子メールを確認ができなかった薬局の皆様へ(新規ユーザ登録申請のお知らせ)>new!

令和5年10月23日及び令和5年11月6日の電子メール(*1)を確認できなかった薬局の皆様については、下記の「「医療機能情報提供制度、薬局機能情報提供制度」におけるG-MIS新規ユーザ登録申請のご案内」から新規ユーザ登録申請を行ってください。(薬局自身の機関情報(*2)・担当者連絡先情報(*3)を入力し、申請を登録する。)

「医療機能情報提供制度、薬局機能情報提供制度」におけるG-MIS新規ユーザ登録申請のご案内

https://www.g-mis.mhlw.go.jp/user-Registration-Form(別ウィンドウで開きます)

上記の対応をして頂き、本県が承認をした後、厚生労働省G-MIS事務局からアカウント情報に関するお知らせが電子メールで送付されます(*4)。アカウント情報を受け取った薬局の方は、ログインができるかお確かめください。

(*1)なお、令和5年10月23日及び令和5年11月6日の電子メールの送信先は県システムに5月末時点で登録のあったメールアドレスです。複数のメールアドレスを利用している場合は、特にご注意の上、ご確認くださるようお願いします。

(*2)機関情報は「報告機関名・郵便番号・住所等」を指します。

(*3)担当者連絡先情報は「担当者氏名・メールアドレス等」を指します。

(*4)厚生労働省G-MIS事務局から電子メールが送付されるまで、本県の承認後、1~2週間程度要します。

よくあるお問い合わせ

よくあるお問い合わせ(PDF:377KB)

このページに関するお問い合わせ先

健康医療局 生活衛生部薬務課

健康医療局生活衛生部薬務課へのお問い合わせフォーム

薬事指導グループ

電話:045-210-4967

内線:4970

ファクシミリ:045-201-9025

このページの所管所属は健康医療局 生活衛生部薬務課です。