令和元年台風第19号災害義援金の第1次配分額を決定しました

掲載日:2019年12月11日

令和元年台風第19号災害義援金神奈川県配分委員会(第1回)を12月11日に開催し、第1次配分額を決定したのでお知らせします。

1 配分基準

(1)配分対象

  • 配分対象被害のあった県内市町村(義援金は、市町村を通じて被災された方々に届けられます。)

(2)配分対象被害

  • 人的被害 死者、重傷者
  • 住家被害 全壊、半壊、一部破損、床上浸水

(3)配分単価比率

  • 人的被害 死者:重傷者=10:5
  • 住家被害 全壊:半壊:一部破損:床上浸水=10:5:1:1

2 配分額

(1)算定基礎

ア 人的被害

  • 死者 ひとりあたり20万円
  • 重傷者 ひとりあたり10万円

イ 住家被害

  • 全壊 1世帯あたり20万円
  • 半壊 1世帯あたり10万円
  • 一部破損 1世帯あたり2万円
  • 床上浸水 1世帯あたり2万円

算定基礎は、配分額を算定する際の基礎額であり、実際に被災された方々にお届けする額については、市町村が改めて決定します。

(2)市町村別配分額

市町村別義援金配分額
市町村名 配分額
横浜市 2604万円
川崎市 1億1976万円
相模原市 1168万円
横須賀市 772万円
平塚市 168万円
鎌倉市 80万円
藤沢市 274万円
小田原市 442万円
茅ヶ崎市 90万円
逗子市 112万円
三浦市 184万円
秦野市 20万円
厚木市 6万円
大和市 4万円
伊勢原市 26万円
南足柄市 94万円
綾瀬市 4万円
葉山町 80万円
寒川町 14万円
大磯町 28万円
二宮町 10万円
中井町 2万円
松田町 12万円
山北町 6万円
開成町 4万円
箱根町 48万円
湯河原町 2万円
愛川町 6万円
合計 1億8236万円

(参考)令和元年12月2日現在の義援金の額 約2億3千万円

(3)配分時期

  • 12月中を目途に配分対象市町村へ第1次配分を行います。
  • 第1次配分後は、義援金額を見ながら、第2次以降の配分委員会を開催し、配分対象市町村へ追加配分を行います。