英国セルアンドジーンセラピー・カタパルトとの再生・細胞医療分野に関する覚書を更新しました!

掲載日:2020年12月8日
2020年12月08日
記者発表資料

神奈川県は、英国の再生・細胞医療の産業化促進支援機関であるセルアンドジーンセラピー(CGT)・カタパルトと、平成27年11月に締結した再生・細胞医療分野での相互協力に関する覚書を更新しました。

1 覚書の概要

1 目的

再生・細胞医療の実用化・産業化の促進に協力して取組み、日英両地域の再生・細胞医療産業分野において、企業及び学術機関等が活発に事業を展開できるよう、両機関の協働を推進し、日英両地域の発展を目指す。

2 主な協働内容

・再生・細胞医療及び関係分野における共同研究および実用化・産業化支援に関する連携

・産業化の拠点である英国CGTカタパルト製造センター及び神奈川県ライフイノベーションセンターの間における連携

 

※セルアンドジーンセラピー(CGT)・カタパルトについて
科学研究とフルスケールの商業化との橋渡しをすることで、英国の細胞・遺伝子治療産業を前進させるための独立した卓越拠点として創設されました。細胞・遺伝子治療技術に特化した330人以上の従業員を擁し、学術界や産業界の提携先と協働し、生活を一変させるこれらの治療製品が世界各国の医療サービスで使用されるよう、確実に開発できるようにします。CGTカタパルトは、最先端の能力・技術・イノベーションを提供することで、各企業が製品を臨床試験に投入することができるようにするとともに、臨床・プロセス開発・製造・規制・医療経済・市場アクセスに関する専門知識を提供します。その目的は、英国内外の提携先がこれらの治療製品を開発・商業化する上で、英国を最も説得力のある論理的な選択肢に位置づけてもらうことです。CGTカタパルトはイノベートUK(英国政府の研究資金助成機関)と協調しています。詳細についてはct.catapult.org.ukまたはhttp://www.gov.uk/innovate-ukをご覧ください(英語)。

問合せ先

神奈川県政策局ヘルスケア・ニューフロンティア推進本部室

国際戦略担当課長 太田
電話 045-210-2720

国際戦略グループ 松本
電話 045-210-2725