ホーム > 健康・福祉・子育て > 医療 > 感染症・病気 > 感染症・病気の随時提供情報 > 新型コロナウイルス感染症対策ポータル > 神奈川県衛生研究所と理化学研究所が開発したSmartAmp(スマートアンプ)法を利用した新型コロナウイルスの迅速検出法が、3月23日に保険適用されました。

更新日:2021年6月25日

ここから本文です。

神奈川県衛生研究所と理化学研究所が開発したSmartAmp(スマートアンプ)法を利用した新型コロナウイルスの迅速検出法が、3月23日に保険適用されました。

令和2年3月23日付け記者発表において、神奈川県衛生研究所と理化学研究所が開発した「SmartAmp(スマートアンプ)法を利用した新型コロナウイルスの迅速検出法」について、3月23日から行政検査での使用が可能になったこと、また、保険適用される見込みであることを発表しましたが、同日、「SmartAmp法を利用した新型コロナウイルスの迅速検出法」は、新型コロナウイルス感染症の診断等を目的とした検査において、保険適用されましたので、お知らせします。

 
 

このページに関するお問い合わせ先

このページの所管所属は政策局 いのち・未来戦略本部室です。