フレイル勉強会

掲載日:2021年8月13日

フレイル分科会 「フレイル勉強会」

未病産業研究会では、東京大学高齢社会総合研究機構と連携し、「フレイル分科会」を設立させていただき、6/24に、会員の皆様にフレイル予防の重要性と分科会活動を知っていただくために「フレイル予防分科会設立ガイダンス」を開催させていただきました。
このたび、より深く、より精緻にフレイルの基礎について共有させていただきたく、「フレイル勉強会」を開催させていただく運びとなりました。
本勉強会にて、フレイルにおける様々なエビデンスの紹介、フレイル予防産業の展望、フレイル分科会の活動内容とメンバー企業様の関わり及びメリットなどを、3回シリーズで共有させていただければと思います。
開催概要につきましては以下のとおりですので、ご関心のある会員の皆様に、ぜひご参加いただけますと幸いです。
なお、本勉強会終了後、10月からフレイル分科会としてメンバー企業様を募集させていただく予定ですが、ご応募には本勉強会の受講(受講後お送りさせていただきますアンケート及びレポートのご提出)が必須となりますこと、あらかじめご了承ください。

【開催概要】
◯日時・プログラム (各回60分講義、30分質疑)
・1日目 2021年8月2日(月)17:00~18:30 「エビデンスをベースとしたフレイルについての基本知識」 飯島 勝矢氏(東京大学高齢社会総合研究機構 機構長/未来ビジョン研究センター 教授)

・2日目 2021年8月26日(木)17:00~18:30 「フレイル予防産業構築に向けての提言」 辻 哲夫氏(東京大学高齢社会総合研究機構 客員研究員/(一財)医療経済研究・社会保険福祉協会 医療経済研究機構 理事長)

・3日目 2021年9月30日(木)17:00~18:30 ①「フレイル分科会での具体的活動内容提案」 ②「東京大学高齢社会総合研究機構との連携内容について」 辻 哲夫氏(東京大学高齢社会総合研究機構 客員研究員/(一財)医療経済研究・社会保険福祉協会 医療経済研究機構 理事長)、フレイル分科会事務局

◯形式:ZOOM
◯対象:未病産業研究会会員
◯定員:100名(申込み先着順)
◯参加費:無料
◯主催:未病産業研究会「フレイル分科会」
◯お申込方法:※本講座は会員を対象としておりますので、会員以外で受講をご希望の方は、下記お問合せ先までご連絡ください。
 

※基調講演登壇者プロフィール

辻先生写真

辻 哲夫(つじ てつお)
1971年厚生省(当時)入省。老人福祉課長、国民健康保険課長、大臣官房審議官(医療保険、健康政策担当)、保険局長、厚生労働事務次官などを経て2009年東京大学高齢社会総合研究機構教授に就任。特任教授を経て現在は、同機構客員研究員ほか医療経済研究・社会保険福祉協会理事長、健康生きがい開発財団理事長など。地域における高齢者の生きがい就労や在宅医療を含む地域包括ケアを柱とする柏プロジェクトなどに従事。専門分野は、社会保障政策/高齢者ケア政策。編著書として「日本の医療制度改革がめざすもの(時事通信社)」「地域包括ケアのすすめ(東大出版会)」「超高齢社会日本のシナリオ(時評社)」「地域包括ケアのまちづくり(東大出版会)」「地域で取組む高齢者のフレイル予防(中央法規)」など。

 

飯島先生写真

飯島 勝矢(いいじま かつや)
医師 医学博士
東京大学 高齢社会総合研究機構 機構長 未来ビジョン研究センター 教授
1990 年東京慈恵会医科大学卒業、千葉大学医学部附属病院循環器内科入局、東京大学大学院医学系研究科加齢医学講座助手・同講師、米国スタンフォード大学医学部研究員を経て、2016 年より現職の東京大学高齢社会総合研究機構教授、2020年より同研究機構機構長、および未来ビジョン研究センター教授
内閣府「一億総活躍国民会議」有識者民間議員、厚生労働省「高齢者の保健事業と介護予防の一体的な実施に関する有識者会議」「全国在宅医療会議」「人生100年時代に向けた高齢労働者の安全と健康に関する有識者会議」構成員、日本学術会議「老化分科会」「高齢者の健康分科会」ボードメンバーを兼務。専門は老年医学、老年学(ジェロントロジー:総合老年学)、特に健康長寿実現に向けた超高齢社会のまちづくり、地域包括ケアシステム構築、フレイル予防研究、在宅医療介護連携推進と多職種連携教育。近著『在宅時代の落とし穴 今日からでき るフレイル対策』(KADOKAWA、2020
年)、『東大が調べてわかった衰えない人の生活習慣』 (KADOKAWA、2018年)、『健康長寿
鍵は“フレイル”予防〜自分でできる3つのツボ〜』 (クリエイツかもがわ、2018 年)など

 

【お問合せ先】
未病産業研究会事務局
(神奈川県政策局いのち・未来戦略本部室 未病産業グループ内)
 住 所 〒231-8588 横浜市中区日本大通1
 電 話 045-210-2715 ファクシミリ 045-210-8865

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa