集客力強化のため魅力アップを図る商店街を募集します!
-令和2年度神奈川県商店街魅力アップ事業費補助金の募集-

掲載日:2020年2月28日
2020年02月28日
記者発表資料

商店街の集客力の強化を図るため、インバウンド対応、未病改善、共生社会の実現に向けた取組、買物弱者支援の取組など、商店街が自らの魅力を高めるために行う事業を支援します。
令和2年度は、重点取組事業として「買物弱者支援の取組」の新規追加をし、支援を充実しました。
各地域らしい商店街モデルを創出し、地域の活性化に積極的に取り組む意欲ある商店街団体等の応募をお待ちしています。
なお、この補助金の交付は、神奈川県議会における令和2年度当初予算案の議決が条件になります。

1 対象

商店街団体、商工会議所、商工会等

※重点取組事業のうち、「未病を改善する取組」、「共生社会の実現に向けた取組」及び「買物弱者支援の取組」については、上記に加えて商店街団体と連携して事業を行う団体のうち、知事が認めるものも対象とします。

2 対象事業

(1) 賑わい創出事業

地域住民等のニーズを踏まえて賑わい創出のために新たに行う事業

(例:・商店街観光ツアーやプロのコツを教えるミニ講座の実施

・地域の資源を活用して、広く県内外から誘客を可能とする事業

・その他、広く県内外から誘客するための魅力発信事業、「集客力の強化」や「継続的な賑わいの増加」に資する事業)

(2) 重点取組事業

商店街の魅力アップを図るために、次の重点的取組を行う事業

1. インバウンドへの取組

(例:インバウンドの取組につながる商店街観光ツアーや多言語表記案内・マップ作りなどを通じた外国人来街者の増加に取り組む事業(キャッシュレス化の取組を含む))

2. 未病を改善する取組

(例:未病改善を発信する拠点整備、健康メニューの提供、料理教室の実施、測定機器等を利用した健康測定、健康相談等の事業)

3. 共生社会の実現に向けた取組

(例:障がいのある方も参加しやすい商店街観光ツアーや商店街イベント等の事業)

4. 買物弱者支援の取組

 (例:出張販売や買物弱者を商店街等に送迎するサービス等の事業)

※以上の例に限定するものではなく、オリジナリティ溢れる事業を支援します。ただし、単発のイベントで日常的な集客に結びつかないものは対象外となります。

3 支援内容

(1) 補助金の交付

ア 補助率

  • 賑わい創出事業 事業費(税抜金額)の3分の1以内
  • 重点取組事業 事業費(税抜金額)の2分の1以内

イ 補助額の上限及び下限補助対象経費

  • 補助額の上限 300万円
  • 下限補助対象経費 50万円

(2) アドバイザーの派遣

事業の円滑な実施や結果の検証のために、必要に応じて専門家をアドバイザーとして派遣します。

4 募集期間及び応募方法

令和2年3月1日(日曜日)から令和2年4月15日(水曜日)まで

募集要項を参照の上、直接下記問い合わせ先にご提出ください。(※期限内必着)
ただし、郵送の場合は4月15日消印有効とし、持参の場合は平日の8時30分から17時15分まで受付可能
です。

<応募先>
〒231-8588 横浜市中区日本大通1
(郵送の場合、郵便番号の記載のみで所在地の記載は不要です)
神奈川県産業労働局中小企業部商業流通課商業まちづくりグループ

募集要項及び事業計画書(様式1)等は、次のホームページから入手できます。

5 審査方法

応募いただいた事業計画については、選考委員会における書面審査等を経て、支援対象事業を選定します。

問合せ先

産業労働局中小企業部商業流通課

課長 山口
電話045-210-5600

商業まちづくりグループ 寺田
電話045-210-5612