危険物取扱者免状の裏面に記載する修了年月日の記載誤りについて

掲載日:2020年10月19日
2020年10月19日
記者発表資料

危険物取扱者免状を所持し、現に危険物の取扱作業に従事している方は、定期的に講習を受講する必要があります。
講習を修了した方には、所持する危険物取扱者免状の裏面に、修了年月日、講習実施機関を記載し、証印を押印しますが、このうち、「修了年月日」について、誤った記載をする事案が本日発生しました。

1概要

この講習は、神奈川県の委託を受けた一般社団法人神奈川県危険物安全協会連合会が実施しており、講習終了後に、受講者が所持する危険物取扱者免状の裏面に記載する修了年月日について、実際の講習修了日と異なる日付けを記載したもの。

2判明している内容

(1)誤りのある免状を手渡した講習修了者数

138人

(2)記載誤りの内容

修了年月日を、講習修了日である「令和2年10月19日」とすべきところを、「令和2年10月14日」と記載したもの。

(3)記載誤りが判明した経緯

修了年月日を記載した免状を講習修了者に手渡した際に、日付けの誤りについて指摘があったもの。

(4)原因

修了年月日の記載にはゴム印を使用しているが、ゴム印の日付けを直近の講習開催日である令和2年10月14日から変更しなかったため。

 

3対応

一般社団法人神奈川県危険物安全協会連合会会長から、誤りのある免状を手渡した講習修了者138名に文書でお詫びをするとともに、免状に記載の修了年月日「令和2年10月14日」を、実際の受講修了日「令和2年10月19日」に読み替える取扱いをする旨を通知する。

4再発防止策

県から一般社団法人神奈川県危険物安全協会連合会に対し、ゴム印を用いて修了年月日を免状に記載する際に、日付けを複数人で確認するよう指導する。

5備考

・講習の受講期限の起算は、講習日以後における最初の4月1日(今回の事案では令和3年4月1日)から3年以内であるため、修了年月日の記載誤りは、受講期限に影響を及ぼすものではない。

・講習を受講しない場合には、免状の返納を命ぜられることがある。

問合せ先

くらし安全防災局防災部消防保安課
課長 能戸 電話 045-210-3422
消防グループ 上平 電話 045-210-3436