かながわ漁業就業促進センターの研修生の募集開始
自然と都会が共生する神奈川で漁師を目指す!

掲載日:2020年8月17日
2020年08月17日
記者発表資料

県では、新規漁業就業者の確保・育成を目的として、令和2年10月に「かながわ漁業就業促進センター」を開校いたします。初年度となる令和2年度は10月の開校に向けて、8月17日(月曜日)から研修生の募集を開始することとなりましたので、お知らせします。

1 設立趣旨

本県では漁業者の高齢化と後継者の減少が進んでおり、漁業外からの新規参入が求められています。かながわ漁業就業促進センターでは、漁業を経験したことのない人などに対し、就業する上で必要となる知識や技術、資格を身に着ける研修を実施することで、就業希望者の不安を払拭し、新規漁業をサポートします。

 

2 特色

多種多様な講座と現場実習

漁業者として生活していくために必要な基礎知識・技術を無料で習得できます。

漁業経営、操業技術、漁具メンテナンスなどの他、様々な漁業種類の操業体験を実施します。

現地での漁業実習(インターンシップ)

現役漁業者のもとで実際に漁を行い、実践的な技術を学びます。

(例:大型定置網、しらす船びき網、刺網、海藻・貝類養殖など)

漁業に必須となる資格取得をサポート

1級小型船舶免許及び第3級海上特殊無線免許の取得をサポートします。

卒業後もサポート

卒業後の就職をあっせんし、その後もサポートします。

生活資金の補助制度

研修生は国の制度を活用して、研修中の生活資金の支援を受けられる可能性もあります。

 

3 募集人数

10名

 

4 令和2年度のスケジュール

8月17日(月曜日)~9月15日(火曜日) 研修生の募集

10月ごろ 座学研修

11月~令和3年3月ごろ 現場研修(インターンシップ)及び資格取得

令和3年4月~ 就職(漁業会社、個人経営)

 

注釈1:研修生の選考は応募書類等による書類審査で行います。

注釈2:定員に満たない場合は9月29日(火曜日)まで二次募集を行います。

注釈3:令和3年度以降は毎年4月から研修が始まります。

 

5 受講申込みについて

水産課ホームページに掲載されている募集要項をご確認の上、運営委託先である神奈川県漁業協同組合連合会に応募書類を郵送してください。

<かながわで漁師になるにはー水産課ホームページ>

http://www.pref.kanagawa.jp/docs/kb2/syugyou/index.html

資料:令和2年度研修生募集「かながわ漁業就業促進センター」(PDF:7,497KB)

 

問合せ先

環境農政局農政部水産課

課長 滝口
電話 045-210-4530

水産企画グループ 照井
電話 045-210-4542

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。