かながわの魚 ヒラメ

掲載日:2021年5月24日

旬の時期・・・12月から2月

主な水揚地・・・県下全域

主な漁法・・・刺網、定置網

おすすめの食べ方・・・刺身を乾燥昆布に挟んで身を締めた昆布じめやムニエルなど、様々な料理が楽しめます。

主な栄養素・・・旨み成分のイノシン酸を豊富に含み、程よい味わいを呈しています。

豆知識・・・冬場のヒラメは“寒ヒラメ”とも呼ばれ、脂がのって非常に美味です。ヒラメはエビ類から小型の魚まで、さまざまな魚介類を餌としていますが、それらの餌で育ったヒラメは、たっぷりと栄養を蓄えています。また、ヒラメはマダイと並ぶ白身魚の代表的な存在です。しっかりと締まった身質で、くせがありません。「えんがわ」はヒラメ1尾からわずかしか取れず、弾力があり旨味と甘みが凝縮されているため珍重されています。

ヒラメではないですが(汗)ヒラメの親戚のカレイを使った美味しいレシピをご紹介します♪(クリックするとレシピを表示します)
江戸前マコガレイの煮付け マコガレイの甘酢あんかけ
江戸前マコガレイの煮付け マコガレイの甘酢あんかけ
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa