新型コロナウイルス感染症患者情報の公表、提供の在り方に関する報告書について

掲載日:2021年3月31日
2021年03月31日
記者発表資料

神奈川県が保有する新型コロナウイルス感染症患者情報の県民への公表及び市町村への提供に係る方針、基準について、有識者の専門的見地に基づく意見を伺うために設置した「新型コロナウイルス感染症患者情報の公表方針に係る検討会」において、議論、検討を行い、このたび、その結果を報告書として取りまとめましたので、お知らせします。

1 新型コロナウイルス感染症患者情報の公表、提供の在り方に関する報告書の概要

(1)県民に対する患者情報の公表について
〇感染症法に基づく県民への情報提供は、患者等の個人情報保護に留意しつつ、県民に対して感染 予防、まん延防止に必要な情報を公表するというものであり、現在の県の公表方針は、概ねバランスの取れたものと評価できる。

〇集団感染発生施設について、施設名を公表するか否かについては、不特定多数のが利用する施設で発生し、早期に感染の恐れがある者の特定ができない場合には、施設管理者側の同意が得られなかったとしても、感染拡大を防止する上で真に必要があると認められる場合には、施設管理者に対して公表の目的等十分に説明した上で、公表を行うことも可能であると考える。
(その場合であっても、差別、偏見が生じることのないよう細心の注意を要する。)


(2)市町村に対する患者情報の提供について
〇療養者への支援を市町村と連携して実施する場合等、感染症法上の根拠がある業務の執行に当たっては、当該市町村に対し、患者情報を提供することは可能であると考える。

〇他方、法令上明確な根拠が認められない場合(例:療養期間終了者に対して、市町村の自主的な判断で一定の役務を提供する場合)には、個別に必要性を考慮した上で、情報公開・個人情報保護審議会に諮問する必要がある。

 

(3)その他
〇積極的疫学調査に伴う情報提供等について、論点整理を行った。

参考資料 新型コロナウイルス感染症患者情報の公表、提供の在り方に関する報告書(PDF:545KB)

2 参考

(委員)

  氏名 役職名等
座長 人見 剛(ひとみ たけし)

早稲田大学大学院教授

座長代理 中沢 明紀(なかざわ あきのり)

茅ヶ崎市保健所長

委員 板垣 勝彦(いたがき かつひこ)

横浜国立大学大学院准教授

委員 市川 統子(いちかわ のりこ)

横浜中央法律事務所 弁護士

委員 多屋 馨子(たや けいこ)

国立感染症研究所感染症疫学センター室長

委員 森 雅亮(もり まさあき)

東京医科歯科大学大学院教授

(開催状況)

開催日 概要
令和3年2月25日

・検討方針について
・感染症法に基づく患者情報の取扱いについて
・論点整理(市町村に対する患者情報の提供について)
・論点整理(県民に対する患者情報の公表について)

令和3年3月22日 報道各社との意見交換(事務局対応)
令和3年3月22日 報告書案について

 

問合せ先

神奈川県健康医療局総務室
特定課題担当課長 樋口 電話045-285-0699


神奈川県健康医療局医療危機対策本部室
医療危機対策調整担当課長 本間 電話045-285-0698

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。