水の環境を守るためにのページ

掲載日:2021年1月5日

水の環境を守るために
(湖や川の汚れ)
 家庭で使った水や工場からの排水がそのまま湖や川に流れ込むと、湖や川が汚れてしまいます。
 また、汚れた水には、窒素やリンなどが含まれています。汚れた水を流すと水道の源になっている湖に窒素やリンなどがたまってしまい、それをえさとするアオコなどの植物プランクトンが増え、湖の水面が緑色になることがあります。アオコが発生すると湖の美しさを損なうだけでなく、浄水場で水をきれいにするのを妨げたり、水に臭いをつけたりすることもあります。

(湖や川をきれいにする努力)
 工場などで使った後の汚れた水などを、そのまま川に流さないようにするための法律が定められています。
 また、湖のアオコが大量発生しないように、エアレーション装置(空気の泡を出す装置)を付けています。
 水道水の大部分は、川の水から作られています。湖や川へキャンプなどに行ったときには、ゴミを持ち帰るようにしましょう。

(出典:わたしたちの水道、神奈川県企業庁、令和2年度版)

 

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa