カナガワ・アップデイツ1月号

掲載日:2021年1月4日

To English page

 

「みんなでいっしょに自然の電気」キャンペーンを9都県市に拡大!ぜひご参加を!

 

campaign logo 再生可能エネルギーの利用拡大を目指し、環境にやさしい電気をお得な料金でご利用いただく「みんなでいっしょに自然の電気」キャンペーン。太陽光や風力など自然の電気の購入を希望する家庭などを募り、グループ購入により価格を低減します。今回は、前回の東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、相模原市に加え、埼玉県、千葉県、千葉市、さいたま市と新たに連携して実施することとなりました。

 

 まず、キャンペーン特設サイトから参加登録していただきます。登録は無料で、令和3年2月15日まで受け付けています。その後キャンペーン事務局が、オークションにより、最もお得な自然の電気を提供する電力会社の料金メニューを選びます。2月上旬頃から見積りのご提示を行いますので、見積りを基に、電力会社との契約を切り替えるかどうか、令和3年3月1日までに判断していただきます。

 

 詳細及び登録は、以下のURL又は二次元コードからアクセスしてください(日本語のみ)。
https://group-buy.metro.tokyo.lg.jp/energy/shutoken/home

2-dimentional code 

 キャンペーンには、一般のご家庭や商店、小規模オフィス等にご参加いただけます。再生可能エネルギーの割合が「30%以上」と「100%」の2つのメニューから選べます。 

 

 前回のキャンペーンでは、約4,800世帯にご参加いただきました。これにより、電気代は「自然の電気30%」メニューで平均7%、また「自然の電気100%」メニューでも、平均4%の削減となりました(キャンペーン事務局試算)。

 

この機会に、環境にやさしい自然の電気に切り替えてみませんか?多くの方が参加するほど、電気代がお得になります!

*本キャンペーンにおける「自然の電気」は、太陽光、風力等の再生可能エネルギーが1年間の総電力供給量の30%以上含まれる電気を指します。

  

 

 

県支援のベンチャーによるワーケーション活性化プロジェクトに参加してみませんか

 

 新型コロナによって、社会には様々な新しい課題が生じています。県では、その解決に取り組むベンチャー企業等によるプロジェクトを採択し、事業化に向けた支援を行っています。このたび、県が支援するプロジェクトの1つ、『遊ぶ広報プロジェクト』が、事業化に向けた実証事業を行うため、参加モニターの募集を開始しました。

 

workation jissho 「遊ぶ広報プロジェクト」は、株式会社Huber.及びANAホールディングス株式会社による「ワーケーション活性化施策」です。コロナ禍で観光需要が大きく落ち込む一方、リモートワークを行う人が増えています。このプロジェクトでは、リモートワーカーを地域に誘致し、現地ガイドの案内により、その地域を好きになってもらったうえで、地域の魅力をSNS上で情報発信していただく「遊ぶ広報」の仕組みを構築するものです。これにより、With/Afterコロナ時代におけるワーケーション※需要を取り込んだ、新たな観光の姿の実現を目指します。

 

※「仕事(work)」と「休暇(vacation)」を組み合わせた造語で、IT技術の進展により、時間や場所にとらわれず働くテレワークが普及したことを背景に新たな就業・休暇スタイルとして欧米を中心に広まりをみせている。

 

coworking space 旅先(逗子市内)でリモートワーク&バケーションを行い、現地での体験をSNS で広報する「遊ぶ広報」のモニターを、全国から50 名程度、募集します。詳細は募集サイト https://asobu-koho.studio.site をご覧ください。募集期間は2月19日まで。

 

 現地を訪問していただくのは、モニター決定後から2月28日までです。モニターとなった方には、オンラインの事前説明会を行います。おススメの宿泊施設やコワーキングスペースの情報をお知らせしますので、ご自分で予約のうえ、現地に来ていただきます。

 

zushi tourism 現地滞在中には、「暮らしに繋ぐガイド」が、通常の観光ツアーでは体験できない、現地の魅力を案内します。その体験内容や感想をSNSに投稿いただくことで、広報取材費をモニターの方にお支払いします。本実証を通じて、応募者の属性や満足度、その後の本人や周囲の方のリピート訪問に繋がるかなどを検証し、自治体や交通事業者、観光施設等と連携のうえ、次年度以降の事業化を目指します。

 

*現地での体験等にあたっては、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策を講じたうえで実施します。また、今後の状況により、募集や現地訪問の停止等の可能性があります。
*応募者多数の場合、募集期間内であっても募集を終了することがありますのでご了承ください。