カナガワ・アップデイツ3月号

掲載日:2020年3月2日

To English page

 

「県立体育センター」から「県立スポーツセンター」としてリニューアルオープン!

 

overview 

 昭和43年の開設以来県民に親しまれてきた「県立体育センター」。この4月、「県立スポーツセンター」に生まれ変わります。新しいスポーツセンターは、施設内の段差を少なくしたり、空間を広くして車いすでも利用しやすくするなど、子どもからお年寄りまで誰もが様々なスポーツに親しめる施設として整備されました。

 

 また、大規模な大会の開催や東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会事前キャンプにも活用される予定です。

swimming pool

 

 新設のスポーツアリーナ2は、誰もが気軽に利用しやすい屋内50mプール、トレーニングルームのほか、ボクシング、フェンシング、ウエイトリフティングの専門競技フロアや、障がい者のスポーツに配慮した多目的フロアを備えています。

athletics track 陸上競技場は全天候に対応でき、1周400m、8レーンのトラックと約5,200人を収容できる観覧席があります。また、隣接の補助競技場には、1周300mの補助トラックのほか、ナイター利用も可能な照明設備を備えたフットサルコートを2面設置しました。

 ほかにも、970人収容可能な観覧席のある天然芝球技場と今回リニューアルした人工芝球技場の2つが整備され、ラグビーやサッカー等で利用することができます。

tennis court 8面あったテニスコートは全て砂入り人工芝のコートに改修し、更衣室やナイター利用も可能な照明設備も備え、より利用しやすい環境が整いました。

 

 新設の宿泊棟は、42部屋全てバリアフリー対応で、車いすのままで利用可能なユニットバスを完備しています。レストランやラウンジも併設しており、数日に渡る大会や合宿等にも利用可能です。

 

 新たな県民のスポーツ推進拠点として生まれ変わった県立スポーツセンター。4月のオープンが待ち遠しいですね!

 

 利用のお申し込み等、詳しくはこちらのHPをご覧ください。
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/ui6/1/about/sc-info

 

 

 

文化芸術がより身近に!サブスクリプションサービス開始

 

logo 神奈川県と株式会社Sonoligo(ソノリゴ)は、「文化芸術の振興等に関する覚書」を締結しました。神奈川県をモデル地域として、定額制(サブスクリプション)サービスを活用した首都圏初の取組を展開するものです。

 

 株式会社Sonoligoは、2018年9月に設立した名古屋大学発スタートアップ企業で、文化に焦点が当てられた社会を目指し、コンサート、スポーツ観戦、美術展などのイベントに月額料金だけで参加できる定額制(サブスクリプション)サービスを提供しています。神奈川県と株式会社Sonoligoは、文化芸術の振興等に向けて、連携・協力し、文化イベント等をより身近なものとする取組を進めます。

 

 サービスにはPremium、Lite、Freeの3つのプランがあり、いずれかに登録すると、プランに応じた文化イベントに参加できます。月額料金以外の追加料金は不要です。イベントの検索・予約・入場はスマホひとつで完了。掲載されている様々なジャンルのイベントの中から参加するイベントを選んで、2クリックで予約ができます。会場では画面を見せるだけで入場でき、紙のチケットは不要です。また、1イベントにつき最大2名まで同伴が可能です。2~3名分のチケットを、登録したプランに応じた月額定額料金だけで手に入れることができます。

kanaphil

 

 参加イベントには、神奈川フィルハーモニー管弦楽団のコンサートや、松山バレエ団の新「白鳥の湖」、エンターテインメントレストラン「浮世絵カフェ」、マグフェス'20かながわ短編演劇アワード2020などの文化プログラム等が登録され、今後対象イベントは増やしていく予定です。

 

ukiyo ecafe

 文化芸術がより身近になるこちらのサービス、まずは無料で体験してみませんか?

URL:https://www.sonoligo.com/