カナガワ・アップデイツ2月号

掲載日:2020年2月3日

To English page

 

「2019年県政重大ニュース・トップ10」で堂々の1位!シニア劇団が活動中

 

 神奈川県では、文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す、マグネット・カルチャー(マグカル)の取組を通じて、共生社会の実現を後押ししています。
 2018 年度からは、「ともに生きる社会かながわ」の実現に寄与するため、文化芸術の分野においても、「ともに生きる ともに創る」を目標に、年齢や障がいなどにかかわらず、子どもから大人まで全ての人が、舞台芸術に参加し楽しめる「共生共創事業」をスタート。 
 2019年度にも、高齢者や障がい者による演劇や人形劇、音楽、舞踊など、様々な演目を上演しています。

seniors' play

 

 さらに、2019年7月、9月には、県内の横須賀市と綾瀬市を拠点に活動する、高齢者による劇団「横須賀シニア劇団 よっしゃ!!」及び「綾瀬シニア劇団 もろみ糀座」がそれぞれ結成されました。劇団員は全員60歳以上です。
 劇団を主宰するプロの講師陣が、劇団参加者に演劇基礎・ボイストレーニング・ダンス・殺陣など幅広い指導を行っています。
 劇団は11、12月の中間発表を経て、2020年2月、3月に成果公演を行います。

 

 また、神奈川県在住の世界的ダンサーである安藤洋子氏を中心として、高齢者によるダンス集団seniors' play2「チャレンジ・オブ・ザ・シルバー」を立ち上げ、ダンスによる身体表現活動にも取り組んでいます。こちらも、3月に成果公演を行います。

 

 県民の皆様に投票いただいた、心に残った「2019年県政重大ニュース・トップ10」では、「シニア劇団の活動スタート」が堂々の1位に。
 成果公演では、豊かな人生経験の中で熟成されたメンバーの個性を活かした舞台が上演されます。シニアの方たちが輝く舞台を是非御覧ください。

 

 詳しくはこちら
 https://www.pref.kanagawa.jp/docs/yi4/bunka/kyouseikyousou/top.html

 

 

 

 

ようこそ、かながわへ!かながわMIRAIキャンペーン

 

 私たちの暮らす神奈川県では、年間約7万人の新しい命を迎えます。この街にうまれてよかった、と子どもたちが感じてくれるように、神奈川の未来が光にみちていますように、そんな願いと決意を込めたキャンペーンが開始されました。県内の子育て支援やくらしの課題解決を目指す、株式会社テレビ神奈川(tvk)と生活協同組合パルシステム神奈川ゆめコープ(パルシステム)のコラボレーション企画であるこの「かながわMIRAIキャンペーン」に、神奈川県も協力しています。

 

 hajimete-boxキャンペーンでは、神奈川県に生まれたすべての赤ちゃんへ「ありがとう」を届けよう!をコンセプトに、「はじめてばこ」を無料でプレゼント。申し込みいただいた全てのご家庭に受け取っていただけます。赤ちゃんとそのご家族へ、祝福の気持ちを伝え、子育てを応援するため、協賛企業や団体からの様々な誕生祝の品を「はじめてばこ」に詰め込んで送ります。

 

 江の島や丹沢など、神奈川県ならではの風物をモチーフにイラストが描かれたオリジナルデザインの「はじめてばこ」。中身を使った後は、お子様のはじめての肌着、はじめての食器、はじめての靴、はじめて描いた絵など、「はじめて」の記念品を大事に保管しておくタイムカプセルにしていただけます。

 

 対象は、2020年1月1日以降に出生したお子さまを持ち、申込・受取時に神奈川県内にお住いのご家庭です。(期限は誕生から6か月以内)お申し込みは、tvkの専用ウエブサイトから行っていただけます。2月下旬からパルシステムのスタッフが各ご家庭に配送します。


 「はじめてばこ」を通じて、県が実施する子育て支援事業等についての情報も提供しています。
 お申し込みをご希望のかたはこちらをご覧ください。
 http://www.tvk-yokohama.com/mirai (日本語)