神奈川県と公益財団法人日本ライフセービング協会は包括協定を締結しました!

掲載日:2020年6月19日
2020年06月19日
記者発表資料

今年は、県内全ての海水浴場が開設されないこととなり、例年であれば市町等の開設者が担う安全対策等が実施されません。そこで、万一の事故に備えるため、神奈川県と公益財団法人日本ライフセービング協会は、本日、包括協定を締結しましたのでお知らせします。

1 公益財団法人日本ライフセービング協会について

公益財団法人日本ライフセービング協会は、日本のライフセービング界を代表して国際ライフセービング連盟に加盟する国内唯一の団体です。国際的な視野から、海岸をはじめとする全国の水辺の事故防止に向けた安全教育、監視・救助、防災、防災教育、環境保全等を行うライフセービングの普及・啓発及び発展に関する事業を行い、国民の安全かつ快適な水辺の利用に寄与することを目的としています。

 

2 連携事項

県と公益財団法人日本ライフセービング協会は、緊密な相互連携と協働により、海岸における水難事故防止に向けた取組を推進し、安全・安心な海岸づくりの実現を目指します。

 

(1)海岸の水難事故防止のための安全教育及び知識普及に関すること

 

(2)海岸の安全管理及び救助救命に関すること

 

(3)その他、海岸における水難事故防止に資する取組に関すること

 

上記事項の推進に当たっては、県内市町及び特定非営利活動法人神奈川県ライフセービング協会と連携を図ります。

 

(資料)

神奈川県と公益財団法人日本ライフセービング協会との連携と協力に関する包括協定(PDF:113KB)

 

問合せ先

神奈川県県土整備局河川下水道部

砂防海岸課長 千葉 電話045-210-6500

なぎさグループ 吉岡 電話045-210-6514

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。