相模灘沿岸高潮浸水想定検討会におけるシミュレーション結果について

掲載日:2021年3月30日
2021年03月30日
記者発表資料

平成27年に水防法が改正され、想定し得る最大規模の高潮に対する避難体制等の充実・強化のため、浸水想定区域を指定・公表する制度等が新たに創設されたことから、本県では、平成30年度から、学識経験者等で構成する「相模灘沿岸高潮浸水想定検討会」(以下「検討会」という。)により、技術的な検討を進めてまいりました。
今般、検討会におけるシミュレーション結果がまとまりましたので、速報値として公表します。

 

1 検討会におけるシミュレーション結果

検討会では、台風の規模や経路などの条件を整理した上で、想定し得る最大規模の高潮による氾濫が発生した場合に、浸水が想定される区域や浸水深などのシミュレーション結果を取りまとめました。

※検討会のシミュレーション結果については、別紙(PDF:965KB)を参照してください。

 

2 今後の取組

今後は、内容の精査を進め、出水期前の5月末までに、「高潮浸水想定区域」として指定し、詳細な区域図を公表します。
また、併せて、高潮による災害の発生を特に警戒すべき水位である「高潮氾濫危険水位(高潮特別警戒水位)」についても、県や沿岸市町等で構成する「相模灘沿岸高潮浸水想定連絡会」において、協議・調整を進め、5月末までに設定します。

 

問合せ先

神奈川県県土整備局河川下水道部砂防海岸課
課長 千葉 電話045-210-6500
なぎさグループ 吉岡 電話045-210-6514

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。