ホーム > 神奈川県記者発表資料 > 中小企業等支援給付金の誤払いの発生について

更新日:2021年10月1日

ここから本文です。

中小企業等支援給付金の誤払いの発生について

2021年10月01日
記者発表資料

「中小企業等支援給付金事業」において、受託業者の支払い手続き誤りにより、2,766件、1億8,577万5千円を二重払いしたことが判明しました。

1 概要

国の月次支援金が支払われた事業者に対し、県が、一月当たり法人5万円、個人事業者2万5千円を独自に加算して支払う事業である「中小企業等支援給付金事業」において、受託業者の株式会社日本旅行が、金融機関への支払い手続きを誤ったことにより、2,766件、1億8,577万5千円の二重払いが発生したことが判明した。

2 経緯

  • 9月29日
    受託業者が支払い対象者のデータを金融機関に送信した後、誤りがあることが判明したためデータの取り消し処理を行い、修正されたデータを再度送信したところ、最初のデータと修正後のデータの両方に掛かる金額が金融機関から振り込まれてしまった。
  • 9月30日
    コールセンターに二重払いされたとの問い合わせが数件入電。
  • 10月1日
    受託業者が二重払いについて県に報告

3 原因

受託業者が一旦データの取り消し処理を行ったが、実際には処理が不完全であった。その状態で、再度データを送信したため、二重払いが発生した。

4 今後の対応

  • 10月2日午前中に、受託業者から対象者全員に対して、お詫びとともに、返還手続きについて後日連絡する旨のメールを送信します。
  • 受託業者が返還専用の口座を開設次第、振込手数料は受託業者が負担して、対象者から返還してもらうよう案内をします。
  • 県から受託業者に対して、県委託事業を適正に行うよう強く指導し、再発防止に努めてまいります。

5 その他

過払い分について、県の費用負担はありません。

問合せ先

神奈川県産業労働局中小企業部中小企業支援課

課長 和泉
電話 045-210-5550

副課長 小板橋

電話 045-210-5551

 

このページに関するお問い合わせ先

このページの所管所属は産業労働局 中小企業部中小企業支援課です。