神奈川県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(第4弾)の電子申請における個人情報の流出について

掲載日:2021年1月15日
2021年01月15日
記者発表資料

神奈川県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(第4弾)(以下、協力金)の電子申請登録画面において、他の申請者が入力した情報(氏名、住所、口座番号など)が表示される現象が発生し、個人情報が流出しましたので、お知らせするとともに、関係者の皆様に深くお詫びいたします。

1 概要

(1) 流出した個人情報の内容

(既に登録済みの)他の申請者の情報(氏名、住所、口座番号など)

(2) 判明までの経緯

令和3年1月15日(金曜)10時以降、LINE経由で協力金の電子申請登録をしようとした方から、申請内容を入力する際、画面上に、他の申請者が入力した個人情報が表示された旨の連絡が中小企業支援課にあった。

(3) システム開発事業者への確認

当該電子申請システムを開発した受託事業者である東武トップツアーズ株式会社に確認したところ、次の事実が確認された。

  • 申請者がLINE経由で電子申請を行う際に、システムの不備により付番が行われなかったことから、申請画面に、直近に入力した他者の情報(氏名、住所、口座番号など)が表示される現象が発生していることが確認された。
  • 個人情報が流出した方は9名。
  • 申請者9名の方の個人情報へのアクセス回数は116回。
  • この現象は、LINE申請用に開発したシステムに不備があったことから発生したものであり、LINE以外のパソコン等からの申請については問題が生じていない。

(4) 電子申請システムの一時中断等

当該電子申請システムは、1月15日(金曜)10時から使用を開始し、11時22分に使用(受付・閲覧・入力等)を中断している。

2 今後の対応

自己の情報が表示され、個人情報等が流出した9名の方へ電話で謝罪するとともに、当該情報にアクセスした方にも連絡を取り、目にした情報については流出させることのないようお願いします。

受託業者である東武トップツアーズ株式会社に対し、原因の究明、個人情報の適切な取扱い及び再発防止の徹底を指示しました。

県として、個人情報の取扱いを厳格に行うよう徹底します。

問合せ先

神奈川県産業労働局中小企業部中小企業支援課

課長 森山
電話045-210-5550

事業者支援担当課長 東谷
電話045-285-0648