ホーム > 産業・働く > 事業者支援・活性化 > 企業支援・補助・融資 > 新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金の虚偽申請及び不正受給は犯罪です

更新日:2022年2月2日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金の虚偽申請及び不正受給は犯罪です

新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、夜間営業時間の短縮(時短営業)にご協力いただいた中小企業又は個人事業主等の皆様に対し、協力金を交付いたします。

協力金の不正受給は犯罪です!

<悪質な虚偽が疑われる場合については警察に通報します>

本協力金の交付後、交付要件を満たさない事実、虚偽、不正等が発覚した場合は、申請者に対し交付済の協力金の全額返還を求めます。あわせて、交付した協力金と同額の違約金の支払いを請求する場合があります。

県では、実際に街の見回りをしており、虚偽に申請している店舗があることを把握しています。

  • 営業許可証や店内図面、写真等を偽造して要件に合う申請のように見せかける。
  • 実際には客を滞在させて営業を行っているにもかかわらず、時短要請に応じたように見せかける。
  • 以前から廃業・休業しているにもかかわらず、営業実態があるように見せかける。
  • 対象となる飲食店等を運営する事業者(事業主)でないにもかかわらず、対象事業者を装い申請する。
  • 通常20時に閉店しているにもかかわらず、営業時間は21時までであると偽り、時短要請に応じたように見せかける。
  • テイクアウト専門店等であるにもかかわらず、店内に飲食スペースがあるように見せかける。

など、虚偽申請は絶対に行わないようご注意ください。

協力金の不正受給は犯罪です

<自主返還のご相談>

既に交付を受けた協力金について、申請内容に誤りがあり返還を希望される方は下記問合せ先までご連絡ください。自主的に返還される場合、原則として違約金は請求しません。

問合せ先
協力金事務局 080-7581-6364

<受付時間>
月曜から金曜(祝日は除く)9時から17時まで

このページに関するお問い合わせ先

新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金担当

このページの所管所属は産業労働局 中小企業部中小企業支援課です。