ホーム > 産業・働く > 事業者支援・活性化 > 企業支援・補助・融資 > よくあるお問い合わせ(コロナ協力金:第9~18弾再度の申請受付)

更新日:2022年9月20日

ここから本文です。

よくあるお問い合わせ(コロナ協力金:第9~18弾再度の申請受付)

新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、時短営業等にご協力いただいたものの、何らかの理由で当初の申請受付期間内に協力金の交付申請ができなかった方を対象に、再度の申請受付を実施します。

再度の申請受付についてよくあるお問い合わせ

質問1.再度の申請受付とは何でしょうか。

質問2.再度の申請受付は、当初の申請時と交付要件に変更はありますか

質問3.なぜ、再度の申請受付を行うのでしょうか。

質問4.どのような方法で申請をするのでしょうか

質問5.再度の申請受付の申請書類の提出先はどこになりますか

質問6.再度の申請受付の申請書は当初の申請受付期間のものと同じでしょうか。以前、返送されたものをそのまま提出してよいでしょうか

質問7.複数の弾を申請する場合、添付書類は、申請ごとに用意しなければいけませんか。

質問8.当時の「時短営業(休業)の案内」を掲示したことがわかる写真などを紛失してしまいました。どうすればよいのでしょうか

質問9.申請者と営業許可の名義人が異なるとして、不交付決定の通知を受けました。再度の申請受付で協力金はもらえますか。

質問10.当初の申請受付期間内に申請した協力金がまだ支払われていません。再度の申請をした方がよいでしょうか。

質問11.再度の申請受付の際に、追加で提出が必要な書類はありますか。

質問12.理由書に押印は必要でしょうか。

質問13.複数店舗を運営する事業者ですが、そのうち1店舗の申請を当初の申請受付期間内に忘れてしまいました。再度の申請をすることはできますか。

質問14.県の要請に応じて時短営業等に協力をしていましたが現在は廃業(休業含む)しています。再度の申請をすることはできますか。

質問15.申請書は、市役所で配られますか。

 

 

 


 質問1.再度の申請受付とは何でしょうか。

回答第9~18弾までの協力金の交付について、時短営業等の要請期間中それぞれの要請にご協力いただいたものの、何らかの理由で当初の申請受付期間内に協力金の交付申請を行えなかった事業者を対象にしているものです。
なお、各弾当初の申請受付期間内に交付申請を行った店舗(交付、不交付、審査中のものを含む)は対象外となります。

  要請期間 当初の申請受付期間
第9・10弾 第9弾 令和3年4月20日~5月11日 令和3年6月30日~8月27日
第10弾 令和3年5月12日~5月31日
第11弾 令和3年6月1日~6月20日 令和3年7月21日~9月17日
第12弾 令和3年6月21日~7月11日 令和3年8月11日~10月15日
第13弾 令和3年7月12日~8月31日 令和3年9月3日~11月12日
第14弾 令和3年9月1日~9月30日 令和3年10月1日~12月10日
第15弾 令和3年10月1日~10月24日 令和3年10月25日~令和4年1月14日
第16弾 令和4年1月21日~2月13日 令和4年2月14日~4月15日
第17弾 令和4年2月14日~3月6日 令和4年3月7日~5月13日
第18弾 令和4年3月7日~3月21日 令和4年3月24日~5月27日
 質問2.再度の申請受付は、当初の申請時と交付要件に変更はありますか。

回答基本的な交付要件は、当初の申請受付期間のものと同じですが、各弾ごとに異なりますので、各弾のページをご確認いただき交付申請してください。

 

 質問3.なぜ、再度の申請受付を行うのでしょうか。

回答事情により申請受付期間内に申請できなかった方から、「第9弾以降でも再度の申請を受け付けてくれないか。」という多くのお問い合わせをいただいたことから、当初の申請受付期間内に何らかの理由で協力金の申請ができなかった方に申請いただく機会を設けるために実施するものです。

 

 質問4.どのような方法で申請をするのでしょうか。

回答電子申請をしていただくか、申請書を郵便でお送りください。

 質問5.再度の申請受付の申請書類の提出先はどこになりますか。

回答協力金(第9~18弾)再度の申請受付のページをご確認ください。なお、申請書類は簡易書留など郵便物の追跡ができる方法で郵送してください。申請受付期間を過ぎた場合、受付はできませんので、忘れずに申請してください。

 

 質問6.再度の申請受付の申請書は当初の申請受付期間のものと同じでしょうか。以前、返送されたものをそのまま提出してよいでしょうか。

回答当初の申請受付期間のものとは異なります。再度の申請受付専用の申請書がありますので、必ず再度の申請受付専用の様式で申請してください。申請書の記載方法などは県ホームページ、手引きでご確認ください。

 

 質問7.複数の弾を申請する場合、添付書類は申請ごとに用意しなければいけませんか。

回答複数の弾について申請する場合は、必ず各弾ごとの申請書類(添付書類を含む)を用意いただく必要があります。また、郵送の際は一つの封筒にまとめて送付してください。詳細は、県ホームページ、手引きでご確認ください。

 

 質問8.当時の「時短営業(休業)の案内」を掲示したことがわかる写真などを紛失してしまいました。どうすればよいのでしょうか。

回答申請の際には、「時短営業(休業)の案内」の写真等を含め、必要書類をすべてご提出いただくことが必要です。お手数ですが、写真などが残っていないかご確認をお願いします。提出できない場合は、他に要請内容を遵守したことが確認できる書類を追加で提出いただく必要がありますのでご了承ください。

 

 質問9.申請者と営業許可の名義人が異なるとして、不交付決定の通知を受けました。再度の申請受付で協力金はもらえますか。

回答申し訳ございませんが、再度の申請受付の交付要件の対象外となりますので、協力金は交付されません。

 

 質問10.当初の申請受付期間内に申請した協力金がまだ支払われていません。再度の申請をした方がよいでしょうか。

回答当初の申請受付期間内に申請した方は、再度の申請受付の交付要件の対象外になります。お手数ですが下記問合せ先にご連絡いただき、審査状況を確認してください。

第9・10弾 

090-8518-3952

第11弾 

070-1584-9171

第12弾 

070-1584-9268

第13弾 

080-7486-7168

第14弾  080-7486-7156
第15弾  080-7486-7158
第16弾  080-7581-6340
第17弾  070-1272-4034
第18弾  080‐7581‐6330
 質問11.再度の申請受付の際に、追加で提出が必要な書類はありますか。

回答今回、再度の申請受付を申請するにあたっては、県指定の様式の「当初の申請受付期間内に協力金を申請できなかった理由書」をご提出していただくことが必要です。

 質問12.理由書に押印は必要でしょうか。

回答不要です。

 質問13.複数店舗を運営する事業者ですが、そのうち1店舗の申請を当初の申請受付期間内に忘れてしまいました。再度の申請をすることはできますか。

回答交付要件を全て満たしていれば申請することはできます。ただし、複数店舗の事業を展開している場合については当初の申請受付期間内に申請があった店舗と重複していないかを電話及び現地調査等をさせていただく場合があります。また、協力金の交付までに時間を要する場合がありますのでご了承ください。

 質問14.県の要請に応じて時短営業等に協力をしていましたが現在は廃業(休業含む)しています。再度の申請をすることはできますか。

回答現在廃業していても、協力金の対象となる要請期間中に時短営業等をし、交付要件を全て満たしていれば申請することはできます。

 質問15.申請書は、市役所で配られますか。

回答交付申請書は、県政情報センター、各地域県政情報センター(各県民センター及び各地域県政総合センター内)、市役所(区役所)または町村役場の窓口等で配布します。

 

このページの先頭へ戻る

 

このページに関するお問い合わせ先

神奈川県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(第9~18弾)再度の申請受付担当

このページの所管所属は産業労働局 中小企業部中小企業支援課です。