新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(再度の申請受付)について

掲載日:2021年6月11日

このページは、「飲食店等」に対する協力金のページです。
大規模施設等に対する協力金は、大規模施設等に対する協力金のページをご覧ください。

県では、新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく県の要請に応じて、夜間営業時間の短縮(以下、「時短営業」といいます。)にご協力いただいた事業者の皆様に対し、協力金を交付しています。
このたび、時短営業に御協力いただいたにも関わらず、申請期限内に協力金の交付申請ができなかった方等を対象に、再度の申請受付を実施することとしましたので、お知らせします。


※新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金を活用した事業です。

申請は郵送のみの受付となりますが、詳細が決まりましたら、改めて当ホームページでご案内します。

令和3年7月下旬から申請受付を開始する予定です。

第3弾のページ第4弾のページ第5弾のページ第6弾のページ第7弾のページ第8弾のページ第9弾のページ第10弾のページ第11弾のページ大規模施設等協力金のページ

協力金の不正受給は犯罪です。

更新履歴

令和3年6月11日 再度の申請受付のページを公開しました。

目次

  1. 対象者
  2. 対象店舗
  3. 対象となる要請期間と協力金
  4. 申請方法

1.対象者

「3.対象となる要請期間と協力金」記載の第3弾から第8弾までの協力金について、時短営業の要請期間中、対象地域の店舗において、それぞれの要請内容にご協力いただいたものの、「何らかの理由で、当初の申請期限内に、協力金の交付申請を行えなかった事業者」、「県の要請前から時短営業を実施していた事業者」を対象とします。
※協力金の各弾において、当初の申請期間に交付申請を行い、交付又は不交付決定を受けた店舗は、その弾の申請はできません。

2.対象店舗

第3弾および第4弾は、酒類を提供する、食品衛生法の飲食店営業等の許可を受けた飲食店及びカラオケ店
第5弾~第8弾までは、食品衛生法の飲食店営業及び喫茶店営業の許可を受けた店舗。ただし、テイクアウト専門店やキッチンカーなど、要請の対象外となる施設があります。

3.対象となる要請期間と協力金

区分 要請期間 対象地域 要請内容 当初の受付期間 支給額
第3弾 令和2年12月7日~12月17日 横浜市・川崎市 対象店舗に対し、5時~22時までの時短営業 令和2年12月18日~令和3年1月22日 1日あたり2万円
第4弾 令和2年12月18日~令和3年1月11日 横浜市・川崎市 対象店舗に対し、5時~22時までの時短営業(令和3年1月8日~11日までは5時~20時(酒類の提供は19時)までの時短営業を追加要請) 令和3年1月12日~2月16日 1日あたり4万円(追加要請分は1日あたり2万円)
第5弾 令和3年1月12日~2月7日 県内全域 対象店舗に対し、5時~20時(酒類の提供は11時~19時)までの時短営業 令和3年2月8日~3月5日 1日あたり6万円
第6弾 令和3年2月8日~3月7日 県内全域 対象店舗に対し、5時~20時(酒類の提供は11時~19時)までの時短営業 令和3年3月8日~4月9日 1日あたり6万円
第7弾 令和3年3月8日~3月21日 県内全域 対象店舗に対し、5時~20時(酒類の提供は11時~19時)までの時短営業 令和3年4月1日~5月7日 1日あたり6万円
令和3年3月22日~3月31日 対象店舗に対し、5時~21時(酒類の提供は11時~20時)までの時短営業 1日あたり4万円
第8弾 令和3年4月1日~4月19日 県内全域 対象店舗に対し、5時~21時(酒類の提供は11時~20時)までの時短営業 令和3年4月22日~5月28日 1日あたり4万円

このページの先頭へ戻る

4.申請方法

郵送のみ。詳細が決まりましたら、改めて当ホームページでご案内します。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa