「第11回富士山火山防災対策協議会」を開催しました。

掲載日:2021年3月26日
2021年03月26日
記者発表資料

静岡・山梨・神奈川の三県等で構成する標記協議会において、富士山ハザードマップ改定に関する報告がありました。改定された富士山ハザードマップにより、富士山噴火した場合の本県に影響する可能性が示されたことを踏まえ、一層の火山防災対策を推進していきます。

1 協議会議題

(1)協議会規約の改正

(2)令和2年度事業報告及び令和3年度事業計画

(3)富士山ハザードマップ改定に関する報告

2 協議結果

(1)富士山火山防災対策協議会規約が改正され、本県の7市町が新たに協議会の構成員に参画しました。

(2)令和2年度事業報告及び令和3年度事業計画が了承されました。

(3)富士山ハザードマップ(改定版)検討委員会の委員長より、富士山ハザードマップ改定に関する報告が行われ、今後は、改定された富士山ハザードマップを基に、火山防災対策を推進していくことになりました。

問合せ先

神奈川県くらし安全防災局防災部災害対策課

応急対策担当課長 岩渕
電話 045-210-3421

応急対策グループ 加藤
電話 045-210-3430