新型コロナウイルス感染症を踏まえた避難所運営を支援します

掲載日:2020年6月9日
2020年06月09日
記者発表資料

県は、地域との連携・協力のもと、医療崩壊を防ぐための現場起点の医療体制「神奈川モデル・ハイブリッド版」の整備を進めています。
こうした中、県では、自然災害発生時に懸念されている新型コロナウイルス感染症を踏まえた避難所運営に係る考え方を整理しましたので、お知らせします。

1 新型コロナウイルス感染症を踏まえた避難所運営に係る考え方

避難所設置後の初期対応や陽性の自宅療養者の避難など、より現実的な対応の方向性をまとめました。

(1) 避難所対策(国の考え方)

(2) 事前対策(避難所の開設・手配、避難行動の周知)

(3) 避難所開設(感染防止対策、初期・中長期対応)

(4) 支援メニューの紹介

(5) 陽性の自宅療養者の避難対策

2 新型コロナウイルス感染症を踏まえた避難所運営ガイドライン

県の「避難所マニュアル策定指針」から、新型コロナウイルス感染症対策に必要な内容を抜粋して、新たにわかりやすいガイドラインを作成しました。

資料

 ・ 資料1「新型コロナウイルス感染症を踏まえた避難所運営に係る考え方」(PDF:1,603KB)

 ・ 資料2「新型コロナウイルス感染症を踏まえた避難所運営ガイドライン」(PDF:4,230KB)

問合せ先

(新型コロナウイルス感染症を踏まえた避難所運営の支援全般について)

神奈川県くらし安全防災局防災部災害対策課

課長 圓道 電話 045-210-3420

応急対策グループ 加藤 電話 045-210-3430

(新たな神奈川モデルについて)

神奈川県健康医療局保健医療部健康危機管理課

課長 森 電話 045-210-4790

副課長 吉田 電話 045-210-4943

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。