新型コロナ療養者のリアルボイス-30代-

掲載日:2021年12月13日

掲載内容は、新型コロナ療養者アンケートを元に、固有名詞を削除するなど一部修正しています。

2021年12月13日掲載分

やっぱり感染したか

療養中に一番辛かったこと

咳、咽頭痛
飲食ができない、会話ができない

感染したと思われる場所や人についての心当たり

友人

まだ感染していない人に伝えたいこと

感染対策をしていても罹る可能性はあるので、より一層意識を高くもってください

コロナに感染して感じたこと

エッセンシャルワーカーなので、出社が必要だが感染しても保証もなく不公平感を抱いた
小規模の飲食店等は補助金バブルで収入増になっている

その他自由記載欄

無回答

どこでかかったのかなと

療養中に一番辛かったこと

頭痛

感染したと思われる場所や人についての心当たり

わからない

まだ感染していない人に伝えたいこと

他人ごとじゃない

コロナに感染して感じたこと

二度とかかりたくない

その他自由記載欄

無回答

インフルエンザの症状と全く同じなのに、なぜインフル検査をせずコロナの検査だけをするの?

療養中に一番辛かったこと

必要以上に長い拘束期間

感染したと思われる場所や人についての心当たり

特になし

まだ感染していない人に伝えたいこと

感染症は感染するから感染症
テレビの中の話は他人事です

コロナに感染して感じたこと

コロナってインフルエンザと全く同じなんですね。

(過去にインフル経験ありますが症状・期間・辛さ・治り方全て全く同じでした)

その他自由記載欄

PCR検査は、適正な人にだけ適正な形で行うべき
というか、もっと正確なまともな検査を開発するべき
下手な鉄砲数打ちゃ当たる方式だと日本はダメになる
陽性者と感染者は区別してほしい(原文ママ)

辛い状況で、保健所からの電話で30分も聞き取りや口述筆記をさせられた。説明が長すぎて、要点がわからなかった

療養中に一番辛かったこと

辛くても、持病や薬剤知識の乏しい看護師に大丈夫と言われるだけで、自分は死ぬんだと思った。

窮状が伝わらず、のろくて長い聞き取り電話ばかりが来て、殺されると思った

感染したと思われる場所や人についての心当たり

感染したと思われる場所や人についての心当たり
県外への通勤

まだ感染していない人に伝えたいこと

無回答

コロナに感染して感じたこと

ワクチンを打ちたくても予約が先だったにもかかわらず、感染時にワクチン未接種を非難されて、命だけでなく精神的にも追い詰められた。

ワクチンが行き渡らないことを、若い世代が打たないという虚像で乗り切る行政には殺意しかない

その他自由記載欄

記録作りのために、呼吸状態が落ちた患者に鬼電するのは、人間のやることではない。自分事として、対応を再考すべき

【神奈川県医療危機対策本部室より】

県では、療養に関するヒアリングについては、これまで保健所が陽性者に対して電話で行っていましたが、療養に関するヒアリングをWebフォーム化することにより、新型コロナウイルス感染症の検査を受けられた方に直接入力していただくこととしました。

それにより、ご家族や、ご自身の体調に合わせて都合の良いときに入力していただけるとともに、陽性だった場合、保健所からの聞き取り項目を少なくし、簡潔に行えるようになりました。

 

また、自宅・宿泊療養中の方に対しては、LINEによる体調の定期確認を行っています。

まさか、という気持ちと、濃厚接触した方に申し訳ないという気持ち
子供にうつしたらどうしよう、私のせいで保育園が休園になったらどうしようなど

療養中に一番辛かったこと

一家全員長期間外に出られなかったこと、感染リスクを抱えたまま子供の世話をしなければならなかったこと

感染したと思われる場所や人についての心当たり

全くなし

まだ感染していない人に伝えたいこと

感染対策をしていても感染する、本当に他人事ではなく、少なからず色んな方に影響を及ぼしてしまうので、最大限注意をして欲しい

コロナに感染して感じたこと

対応してくださった医療機関、保健所の方が昼夜問わず頑張ってくださっている、この方々にこれ以上負担をかけてはいけないと思った

その他自由記載欄

療養にあたりサポートくださりありがとうございました

本当にあっさり陽性が出てしまうのだと思った。自粛もしていたので信じられなかった

療養中に一番辛かったこと

毎日症状が増えること。終わりが見えなくていつ重症化してしまうかわからない恐怖。

快復した後は後遺症と職場の反応が不安になった

感染したと思われる場所や人についての心当たり

職場(小売業)、唯一の遠出がワクチン大規模接種会場

まだ感染していない人に伝えたいこと

もし親しい人と会食していたら、家族に会っていたら大切な人にコロナうつしていたかもしれないと思うとゾッとする。

 

自分は平気だから活動自粛しないじゃなくて、発症した時に自身の身体への不安にさらに他者への罪悪感を抱えると死にたくなるくらい病むのでそれを防ぐためにも自粛すべき

コロナに感染して感じたこと

二度とかかりたくない。オーバーワークと食生活の乱れがあるので日頃の生活を見直そうと思った

その他自由記載欄

当日保健所からの連絡、2日後にパルスオキシメーター到着など報道より早くてありがたかった。

食事支援はスポーツドリンクなど水分がほぼ入ってなくて辛かった

 

電話中々つながらずAIでの体調チェックに不安も感じたが、切迫している医療と保健所業務の中でこれが限界なのだと感じて早く収束してほしいと思った

事前に接触した人が後日コロナと判明したので、そうだろうなと思いました

療養中に一番辛かったこと

体は元気だけど、家族への感染を抑えるため部屋に閉じこもりきりでほぼ誰とも会話がなかったこと

感染したと思われる場所や人についての心当たり

友人宅

まだ感染していない人に伝えたいこと

感染力が非常に強く、自分の健康状態が良好でもうつる

コロナに感染して感じたこと

まわりの人にうつしてしまうかも、もう普通に接してはくれないかも、という恐怖

その他自由記載欄

味覚はそのままだが嗅覚だけがなくなった。シャンプーや香水、にんにくやお酢など何もわからない

ついに罹ったかと思いました

療養中に一番辛かったこと

身体がだるくて動けなかったこと。喉が痛くて水分を摂ることすら苦しかったこと。

嫌な汗がたくさん出たこと。入院も宿泊療養も出来なかったこと

感染したと思われる場所や人についての心当たり

会社で陽性の人と接触したこと

まだ感染していない人に伝えたいこと

甘く見ないほうがいい

コロナに感染して感じたこと

二度と罹りたくないです

その他自由記載欄

家庭内感染が起こってしまったことが辛かったです。

軽症との判断で、入院も宿泊療養もさせてもらえなかったことが辛かったです。

 

軽症でこんなに辛いのなら、重症は一体どんな辛さなのだろうと思うと恐ろしいです。

軽症でも、死ぬのではないかと思いました

2021年12月6日掲載分

信じられない

療養中に一番辛かったこと

熱が下がらずこのまま重症化しないか不安でした

感染したと思われる場所や人についての心当たり

特になし

まだ感染していない人に伝えたいこと

どこでもらうかわからない恐怖を知ってほしい

コロナに感染して感じたこと

2度と経験したくない
変異株への恐怖を感じている

その他自由記載欄

無回答

インフルエンザであってほしかった

療養中に一番辛かったこと

このまま悪化するのではないかと思い不安になり、息苦しくなってまたそれがコロナの症状なのかと余計に不安になった

感染したと思われる場所や人についての心当たり

会社

まだ感染していない人に伝えたいこと

重症化しなかったから良かったものの、インフルエンザにかかるよりは辛い症状が出ました、しかもなかなか治らない。
手洗いうがいをきっちりするのとマスクをしていない人間には近づかないようにして下さい

コロナに感染して感じたこと

一人暮らしの自宅療養は辛いし、外に全く出ないのは無理

その他自由記載欄

無回答

本当に感染したのか疑問に思った

療養中に一番辛かったこと

特にない
自宅療養する前に、買い物など、準備させて欲しい(一人暮らしの場合)

感染したと思われる場所や人についての心当たり

特にない

まだ感染していない人に伝えたいこと

特にない

コロナに感染して感じたこと

特にない

その他自由記載欄

無回答

驚き

療養中に一番辛かったこと

薬が合わず胃痛で寝られなかったこと

感染したと思われる場所や人についての心当たり

なし

まだ感染していない人に伝えたいこと

日頃から健康管理に努めること

コロナに感染して感じたこと

疲れたときには無理をしない、免疫力が下がるようなことはしない

その他自由記載欄

市の対応が素晴らしかったです。助かりました。本当にありがとうございました

医療機関や、家族、職場の方に申し訳なく思い悲しかった

療養中に一番辛かったこと

子どもに触れられない事

感染したと思われる場所や人についての心当たり

電車

まだ感染していない人に伝えたいこと

殺人鬼にならない努力をしてほしい

コロナに感染して感じたこと

自分の感染で、家族や職場で感染が広がり死者が出ないか不安になった

その他自由記載欄

パルスオキシメーターが手元になかった時は、唇や爪や顔の色、軽い運動をしてみて重症化のサインを気にしていたが、よく考えるとコロナになる前の自分の唇や爪や顔の色、目の状態などを覚えてなかったので、重症化のサインが現れつつあるのかの判断ができなかった
また、正しい検温の仕方も分かっておらず、間違った体温の計り方で、一喜一憂させられた

わ!やっちゃったな!

療養中に一番辛かったこと

配偶者に悪いなと思ったこと

感染したと思われる場所や人についての心当たり

なし

まだ感染していない人に伝えたいこと

誰でもなるから気をつけてください

コロナに感染して感じたこと

重症化したら怖いなと思いました

その他自由記載欄

無回答

感染経路が不明だったため、信じられない気持ちでした

療養中に一番辛かったこと

自分が悪いことをしてしまったような気持ち

感染したと思われる場所や人についての心当たり

数日前にお会いした方が、熱はなかったが、鼻声と鼻水が出ていた。会っている時は、お互いマスクをしていた

まだ感染していない人に伝えたいこと

身近になってきている。風邪かなという症状からはじまっていたので気づきにくいと思う

コロナに感染して感じたこと

もっと、真実を明らかにしていきたい。データを冷静に正しく読み取れるようにしたい

その他自由記載欄

今回の件で、保健所の方に、本当に細やかに対応して頂きました。保健所の方には、感謝でいっぱいです

家族の濃厚接触者だったので、やっぱりな、という感覚

療養中に一番辛かったこと

自宅療養で、きちんとした治療も受けられないこと

感染したと思われる場所や人についての心当たり

家(すでに陽性者が自宅療養していた)

まだ感染していない人に伝えたいこと

免疫力を高めておくこと

コロナに感染して感じたこと

特になし

その他自由記載欄

家族がいる中での自宅療養には限界があります。なぜ、まず選択肢として自宅療養なのか。宿泊療養させていれば、家庭内で広がることはなかったと思う。結局、どんなに気をつけていても家族全員感染しました。最終的に看病できるものもおらず、一家丸ごと死んでもおかしくない、と恐怖感を覚えました

 

【神奈川県医療危機対策本部室より】

家族に感染させることについて、大変ご不安だったと思います。県では、自宅に専用の個室がないなど家庭内における感染拡大のリスクが高いと思われる方などについては、宿泊療養を適用しています。
しかし、第5波の感染者が急増した時期は、入所待機者も発生するようになり、やむなく自宅療養とした事例もありました。そこで、令和3年8月に新たな宿泊療養施設として3施設を確保し、現在は、家庭内感染の恐れのある方などについては、原則入所できるようになっています。

いつどこで感染したんだろう?家族は感染してないか、お腹の赤ちゃんは大丈夫なのか心配

療養中に一番辛かったこと

小さな子どものそばに居られないこと。毎日してきた育児を配偶者に任せ、一緒に過ごせないことが寂しくて辛かった

感染したと思われる場所や人についての心当たり

職場(販売員)、通勤の電車内、普段から使うスーパー

まだ感染していない人に伝えたいこと

これだけ毎日凄まじい数の感染者が出ていて、無自覚無症状で気づかずに外にいる感染者も多いと思います。私もいつ自分がなってもおかしくないと思っていたら、本当にかかってしまいました。もう気をつけようがない…コロナにかかるかは運次第のような気もするくらい、本当に誰が感染しているか分からないです

コロナに感染して感じたこと

家族は濃厚接触者としてPCR検査を受けました。結果陰性でホッとしたものの、自分が自宅療養である以上、感染させてしまったらどうしようと不安の中過ごしています。家族にも心配かけ、職場や保育園への連絡、濃厚接触者がいないかの確認、たくさんの方に心配とご迷惑をかけてしまう。コロナが本当に憎いです

その他自由記載欄

無回答

 

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa