写真で見る!「黒岩日記」 2022年1月4日

掲載日:2022年1月4日

令和4年1月4日(火曜)令和4年仕事始め式

挨拶をする知事

 新年の仕事始めに当たり、県職員に対して期待することや今年の抱負などを述べました。

仕事始め式の様子

 まず、コロナ対応についてお話をしました。今までのコロナ対応で神奈川県は全国を先駆けてきましたが、これはコロナ前のさまざまな政策が花開いた結果です。たとえば、未病を改善するといったコンセプトと最先端のテクノロジーを合わせたヘルスケアニューフロンティア、これが様々なコロナ対応に生かされています。また、さがみロボット産業特区でのロボット開発、これが非接触を求められるコロナ時代に実を結びました。
 

 次に、この2年間、神奈川県職員の皆さんも心身ともに苦しい思いをされてきたことを労いました。しかし、我々はトンネルから出て出口に向かっているという希望の光を見出し、ワクワクする感覚を持つことが一番大事なことだと伝えました。

 さらに、県民目線の県政についても、改めてお話しました。今までも県民目線と言ってきましたが、先日「新型コロナ感染経験者と語る」というテーマで行った対話の広場で参加者の生の声を聞き、私は相手の目線にまだまだ立てていなかったと実感しました。また、昨年、当事者目線の障がい福祉実現宣言を表明しましたが、この間、障がい当事者の方々と対話を重ねてきたときに、その人に寄り添うだけでなく、その人の目線になること、心の声を聞くことが大事だと痛切に感じたことも話しました。

 最後に、職員に今年はより県民の皆様や部下の心の声に耳を傾けるといったことに一生懸命取り組んで欲しい、そして素晴らしい神奈川を一緒に作っていきたいと呼びかけ締めくくりました。

※メッセージ全文はこちら(テキスト版) 

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa