競技会場・レースエリアの状況

掲載日:2019年7月31日

神奈川県は、東京2020オリンピック競技大会におけるセーリング競技の江の島開催に向けた準備を円滑に進めるため、島内の競技関連施設の配置やレースエリアの範囲などについて、関係者と調整を行っています。

セーリング競技国際大会にご協力を

READY STEADY TOKYO セーリング(東京2020テストイベント)及びセーリングワールドカップシリーズ江の島大会が開催されます。世界約40か国、約700名が参加する見込みです。大会概要およびレースエリアは次のとおりです。
開催期間中、運営艇がお声掛けさせていただく場合がございます。何卒ご理解・ご協力賜わりますよう、お願いいたします。

セーリン競技国際大会へのご協力のお願い

【大会概要】

(1) READY STEADY TOKYO-セーリング

主催:公益財団法人 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
日程:2019年8月17日(土曜日)から22日(木曜日)まで
時間:12:00から18:00まで
場所:江の島沖合海域
参加艇数:競技艇約300隻、運営艇等約250隻
詳細:大会公式ウェブサイトをご覧ください

問合先:東京2020組織委員会

電話 0570-09-2020(有料/9時00分~17時00分 ※土日祝日、年末年始を除く。)https://tokyo2020.org/jp/enquiry/

(2) セーリングワールドカップシリーズ江の島大会

主催:セーリングワールドカップ江の島大会実行委員会
日程:2019年8月25日(日曜日)から9月1日(日曜日)まで
時間:12:00から18:00まで
場所:江の島沖合海域
参加艇数:競技艇約470隻、運営艇等約250隻
詳細:大会公式ウェブサイトをご覧ください。

問合先:実行委員会事務局

Watch Out for Fishing Operations 海を楽しむ皆様へ ~漁具にご注意~

セーリングワールドカップシリーズ江の島大会、東京2020オリンピック競技大会におけるセーリング競技のレースエリアとして想定される海域での事故防止のため、セーラーなど海で活動される皆さんが気をつけるべき漁業の操業方法等についてお知らせする動画を作成しました。

漁船の動きや漁具の仕組みを理解して、安全な航行をお願いします。

漁業の操業方法等についてお知らせする動画

江の島ヨットハーバーは公共ハーバーです。一般の利用者と譲り合って利用してください。

 

 

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa