令和元年度工事安全連絡会(安全講話及び現場パトロール)|横浜川崎治水事務所

掲載日:2020年3月11日

令和元年度工事安全連絡会トップ画像

令和元年度工事安全連絡会(安全講話及び現場パトロール)

横浜川崎治水事務所(当所)では、当所発注工事の受注者に対して、労働災害防止についての呼び掛けを行っています。令和2年2月21日(金曜)に、現場代理人を中心とした受注者の社員(20社、27名)に、当所工務職員を交え、横浜西労働基準監督署の原 徳彦 地方産業安全専門官から建設業の安全にかかる講話を聴講するほか、実際に、施工中である横浜市栄区内の急傾斜地崩壊対策工事の工事現場に赴き、労働基準監督署の目線による安全講習を実施しました。

(注)工事安全連絡会とは、県(県土整備局)で定める要綱に基づき、所管の労働基準監督署から安全講話をいただき、管内の工事の施工中現場において、安全パトロール等を実施するものです。

工事安全連絡会次第(PDF:290KB)

開会挨拶

鶴木所長

鶴木所長の顔写真日ごろは、県土整備行政へのご尽力、また、工事現場における安全確保への対応に感謝を申し上げる。本連絡会では、労働基準監督署の専門官から「建設業における労働災害の現状と対策について」と「近年の県内、管内における労働災害の最近の事故の事例等について」の講話をお聞きいただき、そして、県発注工事で実際に起こった事故事例等を報告をさせていただいた後、現場パトロールを予定している。是非、今後の工事の安全対策に活かしていただきたいと、冒頭、挨拶を行いました。

労働基準監督署(担当官)からの講演(安全講話)

原地方産業安全専門官(横浜西労働基準監督署)

原地方産業安全専門官の顔写真横浜西労働基準監督署地方産業安全専門官の原 徳彦様をおむかえして、受注者の社員及び当所工務職員に対し、「建設業における労働災害の現状と対策について」、「管内における近年の労働災害の傾向と特徴について」というテーマで、配布された資料「神奈川県下における建設業労働災害の現状と対策令和元年版(平成30年労働災害のとりまめ)」、「建設業の労働災害が増加!~熱中症の死亡災害2年連続発生~」等に基づいて、建設業の安全にかかる講話をいただきました。

要旨

  • 労働災害による死傷者(休業4日以上の災害)は、平成30年に比べ大幅に増加している。
  • 横浜西労働基準監督署管内の令和元年発生事故では、全体(87件)の43パーセントを墜落・転落事故が占め、全体の46パーセントが資材置き場などの工事現場以外で発生している。(注)横浜西労働基準監督署は、戸塚区、栄区、泉区、旭区、瀬谷区、保土ケ谷区を所管しています。
  • また、熱中症による死亡事故も2年連続で発生している。(昨年7月と今年8月に発生)このような状況から、建設業における労働災害発生に歯止めをかけるため、労働災害防止対策実施強化をお願いしたい。

要望

熱中症防止対策
  • 暑さ指数(WBGT値)に応じて、作業の中断、短縮、休憩時間の確保を徹底すること。
  • 熱暴露中断後、4日経過すると、熱順化の顕著な喪失が始まることに留意した上で熱順化期間を設けること。
墜落・転落防止対策
  • 高所作業では、適切な作業床や手すりを設置すること。
  • 高所作業で作業床などの設置が困難な場合は、墜落制止用器具(フルハーネスなど)を使用すること。
  • 「足場からの墜落・転落防止の総合対策要綱」に基づく足場の管理などを行うこと。
  • 「はしごや脚立からの墜落・転落災害をなくしましょう!」のパンフレット内容に基づく管理を行うこと。
その他の労働災害防止対策
  • 資材置き場などの工事現場以外の作業においても、リスクアセスメントを実施し、必要な対策を講じた後に作業すること。

労働基準監督署のホームページは、次のリンク先からご覧ください。

横浜西労働基準監督署ページ

最近の事故事例などの報告(横浜川崎治水事務所から)

大曽根工務部長

大曽根工務部長の顔写真現場代理人を中心とした受注者の社員に対して、今後の工事現場の安全対策と事故防止啓発の一助としていただくため、令和元年度に、県内で発生した県発注工事にかかる「橋梁工事(上部工)の転落負傷事故」ほか4件(計5件)について、それぞれ、工事の概要、事故の状況、分析された原因、行われた対応と今後の再発防止策等を図解した資料に基づき報告したほか、施工中の現場における安全対策について、今一度の確認と更なる徹底をお願いしました。

現場安全パトロール(労働基準監督署担当官の視点による安全講習会)

栄区笠間町西地区急傾斜地崩壊対策工事

講話や事故事例報告に引き続き、横浜市栄区の工事現場(令和元年度急傾斜地崩壊対策工事(公共)114‐2・受注者 昇栄工業 株式会社)に移動し、労働基準監督署担当官の視点による現場安全パトロール(安全講習会)を実施しました。

現場パトロールの様子現場安全パトロール(安全講習会)は、担当官からの質疑

  • 本日の作業内容は?
  • 作業人数は?
  • 斜面作業時に気を配っていることは?
  • 斜面上部への昇降用手すりは設置しているのか?
  • 事故防止啓発の掲示物は貼っているのか?など

に、現場代理人兼主任技術者が応答しながら、現場をチェックするかたちで行われました。また、現場事務所に備え置かれた書類を確認しながらの質疑も行われました。

安全対策や事故防止啓発掲示物の様子

専門官から、現場代理人兼主任技術者に対して「斜面作業の危険性を熟知して安全対策を行っていることがわかる、事故防止を啓発する掲示物も多数掲示されており、事故防止のための工夫が感じられた。」とのお褒めの言葉がありました。

現場代理人兼主任技術者の所感

渡部現場代理人兼主任技術者の顔写真今回、現場安全パトロールを行っていただき、安全対策は十分にできていると思っていましたが、いろいろな視点から指示していただき、まだまだ十分ではないことを感じました。怪我や災害の報告を聞くと、対策はされていても実施されていないことで災害が起きているのだと感じ、もっと現場で周知徹底する必要があると思いました。担当官から「声に出して言うことも大事ですが、スローガンや掲示物などで周知することも大事。」と言われ、今後も現場管理を行っていく中で、実施していこうと思います。今回、労働基準監督署の視点で指導を受けることができ、よい経験となりました。(昇栄工業 株式会社 渡部雄介様 提供)

建設業における安全対策についての参考資料

安全対策にかかる参考資料等(厚生労働省ホームページ)

労働災害防止対策実施に係る通達やパンフレットや建設業における安全対策については、次の厚生労働省のホームページからダウンロードするなどしてご覧ください。

安全衛生関係リーフレット等一覧(厚生労働省ホームページ)

建設業における安全対策(厚生労働省ホームページ)

モバイル端末からのアクセス(QRコード)

次のQRコード(2次元コード)から、本ページのURLを読み取ることができます。

令和元年度工事安全連絡会ページのQRコード

(QRコードという名称は、(株)デンソーウェーブの登録商標です。)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。