県道42号(藤沢座間厚木)[綾瀬スマートIC関連]

掲載日:2021年1月4日

事業概要

東名高速道路の横浜町田インターチェンジと厚木インターチェンジは約15km離れており、この間に位置する綾瀬市などからは、両インターチェンジにアクセスしにくい状況にあります。

そのため、県民生活の利便性の向上や地域経済の活性化、さらには災害時の安全・安心の確保を図るとともに、既存インターチェンジ周辺の渋滞緩和を図るため、両インターチェンジ間の東名綾瀬バス停付近に、新たにスマートインターチェンジを設置します。

綾瀬スマートインターチェンジの供用予定時期は令和3年夏頃となる見込みですが、事業者において最大限努力し、1日でも早い供用を目指します。

 

事業計画

  • 連結許可日: 平成25年6月11日
  • 路線名: 第一東海自動車道(東名高速道路)
  • 連結位置: 神奈川県綾瀬市小園地内
  • 連結予定施設: 県道42号(藤沢座間厚木)
  • 運用時間: 24時間
  • 対応車種: ETC車載器を搭載した全車種(L=16.5m以下)
  • 利用形態: 一旦停止型 フルインター

事業者

  • 神奈川県、中日本高速道路株式会社、綾瀬市

位置図

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa