県道42号(藤沢座間厚木)[綾瀬スマートIC関連]

掲載日:2021年5月12日

事業概要

東名高速道路の横浜町田ICと厚木ICは約15km離れており、この間に位置する綾瀬市などからはアクセスしにくい状況にあります。

そこで、県民生活の利便性の向上や地域経済の活性化を図るとともに、既存IC周辺の渋滞緩和を図るため、両IC間の東名綾瀬バス停付近に、新たにスマートICを設置するものです。

事業計画

  • 事業箇所: 綾瀬市小園地内
  • 供用日: 令和3年3月31日

事業者

  • 神奈川県、中日本高速道路株式会社、綾瀬市

位置図

itizu

現地写真

koukusic

 航空写真(令和3年4月撮影)中日本高速道路(株)提供 

 

geetsic

 上り線入り口ゲート写真(令和3年4月撮影)

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa