ホーム > 神奈川県記者発表資料 > 県立金沢養護学校におけるメールアドレスの流出について

更新日:2021年12月17日

ここから本文です。

県立金沢養護学校におけるメールアドレスの流出について

2021年12月17日
記者発表資料

県立金沢養護学校(横浜市金沢区富岡東)において、令和3年12月17日(金曜日)に、電子メールを送信した際、受信した方が他の受信者のメールアドレスを見ることができる状態になっており、メールアドレスが流出したことが判明しました。

1 概要

(1) 発生の状況
令和3年12月17日(金曜日)9時33分に、当該養護学校の保護者・教員を対象とした「進路を考える会」の研修動画の配信開始について、事前に参加申込をしていた同校保護者58名に宛てて、お知らせを電子メールで送信した際に、メールアドレスをBCC欄に入力すべきところ、誤ってCC欄に入力し、一斉送信しました。
このため、受信された方が他の受信者のメールアドレスを見ることができる状態となり、メールを受信した58名の方に個人情報(メールアドレス)が流出しました。
(2) 判明した経緯
同日12時30分に、メールを送信した教諭が送信履歴を確認した際に、メールアドレスをCC欄に入力していたことが判明しました。

2 流出した個人情報

58件のメールアドレス

3 対応

現在、学校において、参加申込のあった58名の保護者に対し、謝罪を行うとともに、受信メールの削除を依頼しているところです。原因は、電子メールの送信時に、複数人で送信方法を確認するところを怠ったことによるものです。今後は個人情報の厳格な管理を行い、メール送信の際は、複数人での確認を徹底するとともに、職員研修等により再発防止を図ります。

問合せ先

神奈川県教育委員会教育局支援部特別支援教育課
課長 萩庭 電話045-210-8214
教育指導グループ 荒井 電話045-210-8276

このページに関するお問い合わせ先

このページの所管所属は教育局 支援部特別支援教育課です。