県営住宅駐車場の保証金・使用料の還付漏れについて

掲載日:2020年9月10日
2020年09月10日
記者発表資料

住宅営繕事務所において、9月1日(火曜日)に、県営住宅駐車場使用者から、駐車場の解約に伴い発生する保証金の還付手続きの状況について問合せがあり、状況を調査したところ、振込不能となった方への還付漏れが判明しました。

1 概要

県営住宅駐車場の保証金・使用料については、住宅営繕事務所では、使用者からの請求により還付手続きを行っています。そのうち、振込先の口座番号や名義の誤りなどの理由で、振込不能となったものについては、使用者に正しい振込先を確認して再度還付手続きを行いますが、その処理を行わず、還付漏れが発生しました。

※県営住宅では、駐車場の使用にあたり、使用料のほか保証金を徴収しています。

2 還付漏れの件数及び金額

平成30年度 16件 192,322円

令和元年度  8件 105,342円


計  24件 297,664円(1人あたり最小200円・最大23,200円)

3 経過

令和2年9月1日(火曜日)に、県営住宅駐車場使用者1名の方から還付されるはずの保証金が振り込まれていないため、手続き状況について、問合せがありました。

その後、駐車場の保証金・使用料の還付全てについて振込状況を確認したところ、9月7日(月曜日)までに24件の還付漏れが判明しました。

4 対応

問合せをくださった方を含め、還付漏れのありました方に連絡し、謝罪及び状況説明を行い、還付漏れした全件について速やかに還付を行います。

さらに、確認等があれば住宅営繕事務所施設管理課(電話045-311-8110)で対応します。

(平日8時30分~17時15分)

今後、駐車場保証金・使用料の還付に係る事務処理について検証を行い、チェック体制を強化し、再発防止の徹底を図ります。

問合せ先

神奈川県住宅営繕事務所

所長 羽太 電話 045-311-8080

県営住宅部長 近藤 電話 045-311-8122