9月10日は「下水道の日」です!

掲載日:2019年9月10日

「下水道の日」とは?

 「下水道の日」は、1961年(昭和36年)、日本の下水道の全国的な普及(当時の普及率:6%)を図る必要があることから、このアピールを全国的に展開するため、関係団体等が協議して「全国下水道促進デー」として始まりました。

それから約40年が経過し、日本における近代下水道の基である旧下水道法が制定された1900年(明治33年)から100年を迎えたことや、2001年(平成13年)が21世紀のスタートの年にあたることなどから、近年の下水道に対する認識の高まりもあり、より親しみのある名称として「下水道の日」に変更されました。

 9月10日と定められたのは、台風襲来から連想される大雨に備えるという趣旨で、雑節の二百十日(立春から数えて210日目)を過ぎた220日が適当であるとして、選定されたものです。

 

神奈川県の「下水道の日」の取り組み

 神奈川県内の各自治体で、「下水道の日」の前後に、様々な取り組みをしていますので、ぜひご参照ください。

 神奈川県内の「下水道の日」関連広報活動(PDF:71KB)

 


Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa