博物館などの学芸員になるには

掲載日:2019年8月8日
問合せ先

学芸員の資格が得られるのは、次のとおりです。

  • 大学を卒業した人で、博物館に関する所定の科目の単位を修得した人
  • 大学に2年以上在学し、博物館に関する所定の科目の単位を含めて62単位以上を修得し、3年以上学芸員補として勤務した人

  • 文部科学大臣が実施する学芸員資格認定(試験認定又は審査認定)に合格した人

  1. 学芸員資格認定の方法は、次のとおりです。

    試験認定
    筆記試験(年1回、11月頃に文部科学省が実施)を行い、合格者が合格後1年間学芸員補として勤務し、文部科学大臣に認定されることにより、学芸員となる資格を有します。
    審査認定
    博物館に関する「学識」及び「業績」についての書類審査及び面接(年1回、1月頃に文部科学省が実施)を行い、合格者は学芸員となる資格を有します。
    出願期間
    6月から8月頃
    ※受験資格、出願書類等の詳細は、文部科学省生涯学習政策局社会教育課博物館振興係にお問い合わせください。
    ※審査認定の受験資格が、博物館法施行規則第9条第3号に該当し、都道府県教育委員会の推薦が必要な方は、7月中に、県生涯学習課にご相談ください。

関連リンク

 

このページの先頭へもどる

本文ここで終了