総移動回数が減少に転じた東京都市圏の都市交通戦略を提案します
〜パーソントリップ調査データを活⽤した分析とこれからの都市交通〜

掲載日:2021年3月24日
2021年03月24日
記者発表資料
(国土交通省関東地方整備局、茨城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市、相模原市同時発表)

平成30年に実施した「第6回東京都市圏パーソントリップ調査」の結果を基に、現状分析や将来見通しの検討を踏まえた東京都市圏のこれからの都市交通戦略を提案します。

概要

〇第6回東京都市圏パーソントリップ調査では、総人口が増加しているにも関わらず、総移動回数が減少に転じました。これを都市交通政策の転換点と捉え、都市交通の実態や将来の姿について検討しました。
〇検討に当たっては、交通行動の質的な変化により不確実性が高まりもっともらしい姿を見通しにくくなっていることを踏まえ、将来の前提条件を様々に変化させた場合のシミュレーションを行い、人の移動の変化と課題を明らかにしました。
〇検討結果をもとに、ドア・トゥ・ドアで移動可能な「人中心のモビリティネットワーク」を形成すること、また「居住地を中心とした暮らしやすい生活圏」をつくっていくことを新たな都市交通戦略の考え方としてとりまとめました。これを『新たなライフスタイルを実現する人中心のモビリティネットワークと生活圏』(別紙)(PDF:3,549KB)として提案します。

 

関連する資料の公表

本提案と併せて、地方公共団体等におけるパーソントリップ調査データを活用した都市交通施策の検討を促進するために、以下についても提供を開始します。
‧暮らしにおける外出行動の分析の手引き
‧駅まち回遊まちづくりの分析の手引き
‧「東京PTインフォグラフ~ひと目でわかるあなたのまちの交通特性~」
(パーソントリップ調査データを視覚的に把握できるサイト)
詳しくは東京都市圏交通計画協議会HPの特設ページをご確認ください。


東京都市圏交通計画協議会(https://www.tokyo-pt.jp/
国土交通省関東地方整備局、茨城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市、相模原市、独立行政法人都市再生機構、東日本高速道路株式会社関東支社、中日本高速道路株式会社、首都高速道路株式会社東京支社

 

問合せ先

神奈川県県土整備局都市部交通企画課
課長 近藤 電話045-210-6180
交通企画グループ 土屋 電話045-210-6182

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。