ホーム > 神奈川県記者発表資料 > 中等症・軽症の病床確保フェーズを「4」に引き上げ

更新日:2021年7月28日

ここから本文です。

中等症・軽症の病床確保フェーズを「4」に引き上げ

2021年07月28日
記者発表資料

令和3年7月28日(水曜日)に、県は中等症及び軽症の病床確保フェーズを「3」から「4」に引き上げることを決定しました。
同日付けで、県から神奈川モデル認定医療機関あてに、別紙のとおり、病床数の拡大の要請及び各認定医療機関の役割に応じた患者の積極的な受入の要請を行いました。

神奈川モデル認定医療機関

各病院の機能等に応じて、新型コロナウイルス感染症患者の重症度に応じた入院管理や退院基準を満たした患者の入院管理等を行う医療機関(令和3年7月27日時点186機関)

フェーズ上げ後の確保病床数

重症用:159床(フェーズ3)
中等症・軽症用:1,591床(フェーズ4)
計:1,750床

<参考 フェーズ毎の確保病床数>

病床の区分 フェーズ1 フェーズ2 フェーズ3 フェーズ4
重症用 89 121 159 199
中等症・軽症用 838 1,083 1,316 1,591

確保病床数

各フェーズ合計

927 1,204 1,475 1,790

(別紙)病床確保フェーズの引上げ及び退院基準を満たした患者等の積極的な受入れについて(要請)(PDF:143KB)

問合せ先

(病床確保フェーズに関すること)
健康医療局医療危機対策本部室
医療危機対策企画担当課長 横川

電話 045-210-4943

(医療機関の病床数の設定、協定に関すること)
健康医療局保健医療部医療課
課長代理 吉野

電話 045-285-0234

このページの所管所属は健康医療局 医療危機対策本部室です。