進化した「神奈川モデル・ハイブリッド版」が始動します︕第1弾として横須賀市・横須賀市医師会・三浦半島病院会が共同で集合外来・集合検査場を設置します︕

掲載日:2020年4月17日
2020年04月17日
記者発表資料

地域との連携・協力により進化した「神奈川モデル・ハイブリッド版」が始動します。このたび、第1弾として横須賀市・横須賀市医師会・三浦半島病院会が共同で集合外来・集合検査場を設置することになりました。

1 「神奈川モデル・ハイブリッド版」の概要

これまで県は、新型コロナウイルス感染症の拡大を見据えた現場起点の医療体制である「神奈川モデル」として、重症患者を受け入れる「高度医療機関」、中等症患者を受け入れる「重点医療機関」の整備を進め、症状に応じて患者を受け入れる体制を構築してきました。また、無症状・軽症の患者の自宅及び宿泊施設における療養を、LINEアプリ等で支援する仕組みも整えてきました。

フェーズ1(移行期)に入ったこの段階で、地域との連携・協力により進化した「神奈川モデル・ハイブリッド版」が始動します!

(1)集合外来・集合検査場

診療・検査のキャパシティを拡大するため、地域の実情に応じて、医師会や病院協会などの医療関係団体と連携し、集合外来・集合検査場の設置を進めます。

第1弾が、横須賀市・横須賀市医師会・三浦半島病院会が共同で設置する集合外来・集合検査場です。

横須賀市に設置される集合外来・集合検査場の概要

開設場所 横須賀市救急医療センター駐車場(横須賀市新港町1-11)

開設時期 4月22日(水曜日)~24日(金曜日)のうち準備が整い次第

診療日時 毎週月曜日から土曜日
 午前の部 10時から13時
 午後の部 14時から17時

(2)重点医療機関協力病院

重点医療機関を支援するため、PCR検査の結果が出るまでの中等症の疑い患者の受け入れ、陽性確定後も合併症などにより継続治療が必要な患者の受け入れなどの役割を担う、重点医療機関協力病院の整備を進めます。

移行期・蔓延期の緊急医療体制「神奈川モデル・ハイブリッド版」