新型コロナウイルス感染症患者の個人情報が含まれる文書の流出について

掲載日:2021年2月16日
2021年02月16日
記者発表資料

新型コロナウイルス感染症の自宅療養者向けに貸与しているパルスオキシメーターの配送時に自宅療養している陽性患者の個人情報が入った書類が流出しましたので、お知らせするとともに、関係者の皆様に深くお詫びいたします。

1 流出した⽂書

「配送リスト」という名称の書類

2 流出した⽂書の個⼈情報の内容

陽性患者17名分の氏名、住所、電話番号

3 概要

(1)令和3年2月15日(月曜日)17時00分に県あてに返却されたレターパックの中に、配送業者が配送時に利用している配送リストが封入されていました。同日、このレターパックを送付した方に連絡を取り、個人情報の流出を確認しました。
(2)配送リストは、県が自宅療養者あてにパルスオキシメーターを貸与する際、配送業者である「株式会社タイムボックス」が、配送作業に当たり確認、使用している書類であり、配送員(タイムボックス社員)がこれを誤ってレターパックに入れたまま、気が付かず配送したものです。
(3)なお、流出した書類は、入手した方のみが目にしており、他の不特定多数の人の目には触れていないことを確認しています。また、入手した方も個人情報と判断して、レターパックにしまい、そのまま県に返却したことを確認しています。

4 対応

‧入手された方へ電話で謝罪を行いました。
‧また、個人情報が流出した方に対して経緯を説明し謝罪を行っているところです。
‧配送業者に対して、配送員に渡した配送リストを配送後県に返却する、といった再発防止策をとるよう指示しました。
‧県として、個人情報の取扱いを厳格に行うよう徹底します。

 

問合せ先

神奈川県健康医療局医療危機対策本部室
災害医療担当課長 夏目 電話045-285-0656
災害医療グループ 遠藤 電話045-210-4634

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa