更新日:2022年9月20日

ここから本文です。

ワクチン接種医療機関向けお知らせページ

神奈川県内においてコロナワクチン接種を行っている医療機関向けのお知らせページです。

お知らせ

目次

  1. 厚生労働省「新型コロナワクチンの接種を行う医療機関へのお知らせ」
  2. ワクチンの融通について
  3. 保険医療機関コードが存在しない接種医療機関の手続き
  4. 間違い接種の防止について
  5. 関連リンク

1 厚生労働省「新型コロナワクチンの接種を行う医療機関へのお知らせ」

新型コロナワクチンの接種を行っていただく医療機関や、接種に従事される方々への厚労省からのご案内です。
このページには、医療機関に行っていただきたいことの概要や、「新型コロナウイルス感染症に係る予防接種の実施に関する医療機関向け手引き」、予診票等の様式など掲載されています。

新型コロナウイルス感染症に係る予防接種の実施に関する医療機関向け手引き(8.1版)(令和4年8月1日更新)

厚生労働省「新型コロナワクチンの接種を行う医療機関へのお知らせ」

2 ワクチンの融通について

医療機関に残存するワクチンについて、期限切れで廃棄することのないよう、他施設への融通等により有効活用していただくようお願いいたします。

詳しくは次の特設ページをご覧ください。

ワクチンの融通申請について

3 保険医療機関コードが存在しない接種医療機関の手続き

保険医療機関コードが存在しない接種施設は類似コードを取得する必要があります。
取得にあたっては、「類似コードの新規付番申請書」を作成し、神奈川県に提出する必要がありますので、申請書を作成の上、電子申請システムでご提出ください。

【提出様式】
類似コードの新規付番申請書(エクセル:1,031KB)

【提出先】
電子申請システム

保険医療機関コードが変更になった場合は、新しいコードの登録が必要となります。

 保険医療機関コードまたは介護保険事業所番号が変更になったときは(PDF:498KB)

※類似コードを付番された施設について
類似コードを付番された接種施設が、のちに保険医療機関コード等(保険医療機関コード、特定健診機関コード、介護保険事業所コードのうち介護老人保健施設及び介護医療院に係るコード)を有することとなっても変更等の手続きは不要です。V-SYSの操作や費用請求等は当該類似コードを用いて行ってください

4 間違い接種の防止について

県内において、次の通り間違い接種事案が発生しました。

誤ってワクチン希釈用の生理食塩水のみを充填し、接種を行った。

希釈・充填時は1トレイに1バイアル分の必要物品を準備し(希釈が必要なファイザー社製ワクチンの場合は1トレイ6回接種分)、常にトレイ単位で準備・接種を行う、接種する際に今一度適切なワクチンかどうか確認する等、あらためて接種手順の確認をお願いいたします。

引き続き、適切な新型コロナ予防接種に向け、改めてご留意いただきますようお願いします。

厚生労働省事務連絡

新型コロナ予防接種の間違い防止について【令和3年5月7日】

新型コロナ予防接種の間違いの防止について(その2)【令和3年6月22日】

新型コロナ予防接種の間違いの防止について(その3)【令和3年10月29日】

このページに関するお問い合わせ先

このページの所管所属は健康医療局 医療危機対策本部室です。