新型コロナワクチンの接種について

掲載日:2021年7月27日

このページは県民向けのページです。

福祉施設等従事者優先接種については、こちらの特設サイトをご覧ください。

医療機関・医療従事者等の方は「新型コロナワクチンの医療従事者等向け優先接種について」をご覧ください。

企業や大学等における職域接種については「企業や大学等における接種(職域接種)について」をご覧ください。

このページでは、主に神奈川県が担うワクチン分配および副反応への対応についてご案内します。

ご自身の接種時期や予約方法などは、後述する各市町村のホームページをご覧ください。

市町村の役割

市町村の役割(新型コロナワクチン) 

都道府県の役割

ワクチンの分配

副反応への対応

1 ワクチン接種スケジュール

2 県内のワクチン供給状況(医療従事者を除く)

3 ワクチンキャンセル枠有効活用システム(概要)

4 副反応の対応・相談窓口

5 よくある質問

6 記者発表資料

7 関連リンク

新着情報

2021年6月24日 市町村別の高齢者ワクチン接種実績・接種率の公開を開始しました

2021年6月11日 国(防衛省・自衛隊)での東京大規模接種センターでの接種対象者の地域制限が撤廃されました

2021年6月7日 企業や大学等における職域接種の案内ページを公開しました

1 ワクチン接種スケジュール

1 今後の流れ

接種を行うスケジュールは令和4年2月末までの予定です。
国のワクチンの供給があり次第、下記の接種順位に基づき、接種を開始いたしますが、ワクチン接種にかかるクーポン発送時期、接種開始時期はお住まいの市町村により異なりますので、詳細につきましてはお住まいの各市町村ホームページ等にてご確認ください。

今後の流れ

2 接種順位

新型コロナワクチンの接種対象は、接種する日に12歳以上になる方です。ファイザー社のワクチンについては12歳以上、武田/モデルナ社のワクチンについては18歳以上が接種対象となっていますので、18歳に満たない方は武田/モデルナ社のワクチンを接種することができません。

現時点では、下記の順で接種いただく見込みとなっております。

順位 属性 説明
1 高齢者の方 令和3年度中に65歳以上に達する方
2 基礎疾患を有する方 令和3年度中に65歳以上に達しない方で、慢性の呼吸器疾患、心臓病、腎臓病、肝臓病等で通院又は入院している方
詳しくは「接種順位に位置づける基礎疾患を有する者について(PDF:243KB)」をご覧ください。
2 高齢者施設に従事している方 高齢者が入所・居住する社会福祉施設等において、利用者に直接接する職員の方
2 60歳から64歳の方 令和3年度中に60歳から64歳に達する方
3 上記以外の方 上記以外の方

3 市町村別の高齢者ワクチン接種実績・接種率

 こちら(CSV:3KB)(別ウィンドウで開きます)をご参照ください。

※ワクチン接種記録システム(VRS)のデータを基に、接種券の発行市町村別に集計しています。

※総務省が公表している「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数」内の「【統計】令和2年住民基本台帳年齢階級別人口」を基に高齢者の全人口を分母にし、接種率を出しています。

【参考】高齢者ワクチン接種の促進に向けた県支援

  • 医療従事者の確保

市町村の集団接種会場等において、問診を担う医師や接種を担う看護師の方などが足りていないとの市町村からの相談を受け、県では医療機関等と調整を行い、市町村の医療従事者の確保に向けた支援を行っています。

茅ヶ崎市、海老名市、大磯町、真鶴町に東海大学を始め、海老名市に岩崎学園から、座間市、南足柄市、寒川町、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町に県立病院機構から応援に行っていただいております。

★神奈川県立病院機構からの声

神奈川県からの要請を受け、病院機構の医師、看護師及び薬剤師が6月20日と6月27日に、寒川町の集団接種会場でワクチン接種業務に従事しました。病院機構の医療者は、他の自治体の集団接種会場でもワクチン接種業務に従事しており、新型コロナウイルス感染症の一刻も早い終息を願って、これからも協力を続けていきます。

12345

  • 新型コロナウイルスワクチンキャンセル枠有効活用システムの導入(LINE)

ワクチン接種(集団接種会場、医療機関)において、当日キャンセルなどにより余剰ワクチンが生じた場合、事前にキャンセル待ちのご登録をいただいた方にお知らせし、ワクチン接種予約のマッチングをお知らせします。

4 接種場所

近隣の病院、クリニックや市町村が設ける集団接種会場などで接種ができます。
接種場所、予約方法等の詳細は、お住まい(住民票所在地)の市町村からのご案内をお待ちください。

また、下記コロナワクチンナビで新型コロナワクチンの接種会場を探すこともできます。

5 各市町村のワクチン関連ホームページ

ご自身の接種時期や予約方法などは、次の各市町村のホームページをご覧ください。

地区名 市町村名
横浜地域 横浜市
川崎地域 川崎市
横須賀三浦地域 横須賀市鎌倉市逗子市三浦市葉山町
県央地域 相模原市厚木市大和市海老名市座間市綾瀬市愛川町清川村
湘南地域 平塚市藤沢市茅ヶ崎市秦野市伊勢原市寒川町大磯町二宮町
県西地域 小田原市南足柄市中井町大井町松田町山北町開成町箱根町真鶴町湯河原町

6 国(防衛省・自衛隊)での東京大規模接種センターでの接種

  • 対象者

(1)居住地域の制限はありません

(2)18歳以上で地方自治体から送付された接種券をお持ちの方

  • 予約の空き状況

当面の予約受付期間及び接種実施期間は、防衛省・自衛隊のホームページ(別ウィンドウで開きます)をご覧ください。

  • 予約方法

インターネットによる予約、電話による予約受付。

自衛隊東京大規模接種センター専門お問い合わせ窓口

電話番号0570-056-730(一般). 0570-056-750(English). 0570-056-760(副反応)

自衛隊東京大規模接種センターの予約・受付に関する詳細は、防衛省・自衛隊のホームページ(別ウィンドウで開きます)をご覧ください。

  • 注意点

予約及び接種の際は、下記点にご注意いただきますようお願いいたします。

詳細につきましては、防衛省・自衛隊のホームページ(別ウィンドウで開きます)をご覧ください。

  • すでに市区町村において第1回目の接種を受けた方は、自衛隊大規模接種センターにおいて接種を受けることはできません。
  • 予約に当たっては、まずご自身が市区町村での予約をしていないことを必ずご確認ください。
  • 自衛隊大規模接種センターでの予約をご希望される方で、市区町村での予約が既にある方は、必ず市町村での予約を取り消してください。二重予約は、準備されたワクチンの無駄となってしまいます。
  • 東京駅丸の内南口から、約5分おきに無料のシャトルバスが運行しています。

2 県内のワクチン供給状況(医療従事者を除く)

ワクチンの供給につきましては、市町村からの希望量を把握した後、国からの配分を受け、下記市町村への配分の考え方に基づき、各市町村の配分量を決定しております。

市町村への配分の考え方

  • 第1クールから第3クールまで

次のことを考慮し、市町村の高齢者施設入居者数の割合に応じて配分箱数を決定しました。

(1) ワクチンの供給量が限定的であるため、高齢者の中でも特にリスクの高い方々に、優先的に接種をしていく必要があること。

(2) 高齢者の中でも、高齢者施設の入居者は、感染が発生するとクラスターとなる危険性が高く、介護度が総じて高いため、命にかかわる重篤な症状となる可能性が高いこと。

  • 第4クールから第5クール

国から都道府県別への配分方法に準じて、県へ配分された数量を、(1)市町村の高齢者人口及び(2)市町村の希望箱数に応じて調整し、市町村の箱数を決定しました。

  • 第6クールから第7クール

国の基本配分計画をもとに提出された市町村の希望量に応じて、配分箱数を決定しました。

  • 第8クール

国の基本配分計画枠、市町村の高齢者人口、市町村の配分希望数を調整し、配分箱数を決定しました。

  • 第9クール

国の基本配分計画枠、ワクチン使用実績率、市町村からの希望箱数等を調整し、配分箱数を決定しました。

  • 第10クール

国の基本配分計画枠、市町村からの希望箱数等を調整し、配分箱数を決定しました。

  • 第10-2クール

国の配分方針に基づき、配分箱数を決定しました。

  • 第11クール

国の基本配分計画、各市町村の12~64歳の人口等に応じて、配分箱数を決定しました。

 

第1クール~第8クール

(高齢者接種用)

第9クール

第10クール 第10-2クール 第11クール 合計供給量
発送週 4月5日~
6月28日
7月5日 7月12日

7月19日

7月26日

7月26日

8月2日

8月9日

単位
横浜市

1556

258 223 134 271 2,442
川崎市 540 103 96 42 116 897
相模原市

320

43 42   52 457
横須賀市 220 28 22   28 298
平塚市 125 18 15   18 176
鎌倉市 94 23 10   10 137
藤沢市 185 28 26   29 268
小田原市

99

14 11   13 137
茅ヶ崎市 111 19 14 38 18 200
逗子市 33 3 4   4 44
三浦市 30 2 3   3 38
秦野市 84 10 9   12 115
厚木市 99 18 13 14 17 161
大和市 99 17 15 14 18 163
伊勢原市 55

9

6   8 78
海老名市 80 9 8   11 108
座間市 55 10 8   11 84
南足柄市 24

3

3   4 34
綾瀬市 41 8 5 5 7 66
葉山町 19 3 3   3 28
寒川町 23 3 3   4 33
大磯町 20 3 2   3 28
二宮町 18 2 2   3 25
中井町 6 1 1   2 10
大井町 13 1 2   2 18
松田町 7 1 1 1 2 12
山北町 9 1 1   2 13
開成町 8 1 2 1 2 14
箱根町 8 1 1   2 12
真鶴町 6 1 1   1 9
湯河原町 18 1 2   2 23
愛川町 21 4 3   4 32
清川村 5 1     0 6
神奈川県   16     0 16
総計 4,031 663 557 249 682 6,182

新型コロナウイルスワクチンの配分に関する要望についてー1都3県知事による国への共同要望ー

令和3年7月1日、新型コロナウイルスワクチンの配分に関する1都3県(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)の共同要望について調整し、別添のとおり国に提出しました。

新型コロナウイルスワクチンの配分に関する要望についてー1都3県知事による国への共同要望ー(PDF:123KB)

3 ワクチンキャンセル枠有効活用システム(概要)

県では、貴重なワクチンを無駄にしないため、LINEによる「新型コロナウイルスワクチン キャンセル枠有効活用システム」を導入することとしました。

詳細はこちらのページ(別ウィンドウで開きます)をご覧ください。

4 副反応への対応・相談窓口

副反応への対応については、別ページ(別ウィンドウで開きます)にてご案内しています。
下記では、ワクチンを接種した後、身体に何らかの異常が発生した際の相談先をご案内します。

神奈川県新型コロナワクチン副反応等相談コールセンター

新型コロナワクチンの副反応等に係る医学的知見を必要とする、専門的な相談を受け付けるコールセンターです。

【電話番号】045-285-0719(24時間対応)

耳の不自由な方は次の様式(ワード:50KB)に必要事項を入力いただき、FAXよりご相談ください。

【FAX番号】045-900-0356

※日本語以外でのご相談も受け付けております。

副反応等以外に関する問合せ

※ワクチン接種のお手続き等に関するお問合せ
 各市町村にお問い合わせください。

※ワクチンの効果、安全性に関するお問合せ
厚生労働省ワクチン相談コールセンター

【電話番号】0120-(761)-770

5 よくある質問

Q1 ワクチン接種費用の自己負担はありますか。

全額公費で接種を行うため、無料で接種できます。

Q2 どこで接種ができますか。

近隣の病院、クリニックや市町村が設ける集団接種会場などで接種ができます。
接種場所、予約方法等の詳細は、お住まい(住民票所在地)の市町村からのご案内をお待ちください。

Q3 ワクチンは必ず受けなければなりませんか。

ワクチンの接種は、強制ではありません。感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、接種を希望される方は受けてください。

その他、ワクチンに関するご質問は、コロナワクチンナビ「よくあるご質問」(厚生労働省)をご覧ください。

6 記者発表資料

新型コロナワクチンの市町村への配分を決定しました(PDF:197KB)

新型コロナワクチンの市町村への配分(第2回)を決定しました(PDF:540KB)

高齢者接種用の新型コロナワクチンの市町村への配分(第3回)を決定しました(PDF:507KB)

高齢者接種用の新型コロナワクチンの市町村への配分(第4回)を決定しました(PDF:492KB)

高齢者接種用の新型コロナワクチンの市町村への配分(第5回)を決定しました(PDF:463KB)

高齢者接種用の新型コロナワクチンの市町村への配分(第6回)を決定しました(PDF:349KB)

新型コロナワクチンの市町村への配分(第9クール)を決定しました(PDF:474KB)

新型コロナワクチンの市町村への配分(第10クール及び第10-2クール)を決定しました(PDF:379KB)

新型コロナワクチンの市町村への配分(第11クール)を決定しました(PDF:373KB)

7 関連リンク

新型コロナウイルスのワクチンの性質等については、厚生労働省などのホームページでご案内しております。

厚生労働省 

首相官邸

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa