更新日:2022年4月25日

ここから本文です。

企業や大学等における接種(職域接種)について

神奈川県の新型コロナウイルスワクチンの職域接種の案内ページです。

このページは、企業や大学等における接種(職域接種)に関する情報を掲載しています。

職域接種のイメージ図

 

※初回職域接種を実施された企業・大学の皆様へ(追加接種へのご協力のお願い)

 昨今のオミクロン株の爆発的な感染拡大により、ワクチン接種の更なる迅速化と促進が求められています。

 つきましては、職域追加接種を検討中、またはまだ検討されていない団体におかれましては、早期の感染収束につなげていくためにも、是非積極的なご検討をいただきますようお願いいたします。
また、実施申込からワクチン接種実施ではお時間を要しますので、実施予定があり、まだ申込をされていない場合は、お早めに申込を完了させていただきますようお願いいたします。

(職域追加接種会場で、1,2回目接種を実施することも可能です。)

 詳細は、こちら(追加接種(3回目接種)への対応について)。

 

お知らせ

  • 2022年03月08日 令和3年度神奈川県新型コロナウイルス感染症緊急包括支援補助金(医療分)の交付要綱を改正しました。
  • 2022年02月21日 職域追加接種に対する支援を更新しました。
  • 2022年01月20日 職域追加接種に関するQ&Aを更新しました。

目次

1 概要

2 追加接種(3回目接種)への対応について
3 2回目接種への対応について

4 職域接種に対する支援について
5 問合せ方法 

6 関連リンク

1 概要

職域接種とは

  • 地域の負担を軽減し、接種の加速化を図るため、賛同する企業や大学等(以下「接種団体」という。)において職域単位での接種を可能とするものです。
  • 職域接種に当たっては、医療従事者や会場などは接種団体が自ら確保し、自治体の接種事業に影響を与えないこととされています。

 

2 追加接種(3回目接種)への対応について

追加接種(3回目接種)の実施にあたり、初回接種(1・2回目)の職域接種と同様、企業や大学等において職域(学校等を含む)単位でのワクチンの追加接種が令和4年3月から開始される予定です。

申込み方法

  • 令和3年12月13日からV-SYS上で職域接種における追加接種の申込みが始まりました。

 詳しい申込み方法は、こちら(厚生労働省 職域接種に関するお知らせ)。

 ※職域追加接種の申込フロー図(PDF:927KB)

使用ワクチン

  • 武田/モデルナ社ワクチンを使用。

対象企業等・実施要件

  • 1・2回目の接種を実施した企業・大学等のうち、実施を希望する企業・大学等
  • 会場や医療従事者等は企業や大学等が自ら確保すること。
  • 1会場当たり、500人以上の規模の接種を予定すること。

接種費用

  • 職域接種は予防接種法に基づき行われるものであり、接種に係る費用は同法に基づき支給されます。
  • 人員や場所などの確保に関する費用は接種団体でご負担いただきます。

接種券

  • 接種時には、接種券と予診票の持参が原則となります。
  • 例外的な対応については、こちら(PDF:919KB)をご確認ください。

 

3 2回目接種への対応について

接種団体のみなさま

  • 職域接種は原則2回目接種まで行ってください。
  • 体調不良等により予定の時期に2回目接種を受けられなかった方に対しては
    接種団体が責任をもって2回目接種の機会を提供する必要があります。
  • (県外の会場の場合)所在する都道府県の職域接種担当部署へご相談ください。

2回目接種を受けられなかったみなさま

  • 職域接種は、接種団体の責任において2回目接種まで確実に行っていただくものです。
    まずは接種団体の担当者へご相談ください。

4 職域接種に対する支援について

新型コロナウイルスワクチン接種体制支援事業

ア.支援の対象

外部の医療機関が出張して実施する形態のものであって、以下の条件に該当するもの
中小企業が商工会議所、総合型健保組合、業界団体等複数の企業で構成される団体を事務局として共同実施するもの
大学、短期大学、高等専門学校、専門学校の職域接種で所属の学生も対象とし、文部科学省が別に認める地域貢献の基準を満たすもの
 

 イ.支援の内容

職域接種会場の設置、運営に係る経費(使用料及び賃借料、備品購入費等)を対象として、1,000円×接種回数を上限に実費補助
 <追加接種についての支援> 
職域接種会場の設置、運営に係る経費(使用料及び賃借料、備品購入費等)を対象として、1,500円×接種回数を上限に実費補助

※「追加接種についての支援」とは、令和3年11月17日付け厚生労働省健康局健康予防接種室事務連絡「新型コロナウイルス追加接種(3回目接種)に係る職域接種の開始について」に基づいて設置した会場での職域接種に係る支援のことを指します。

 詳細は、次の交付要綱をご確認ください。

 ・令和3年度神奈川県新型コロナウイルス感染症緊急包括支援補助金(医療分)交付要綱(PDF:275KB)

 ・別表1(事業区分・実施者)(PDF:148KB)

 ・別表2(上限額・対象経費)(PDF:186KB)

※別表1及び別表2の(16)新型コロナウイルスワクチン接種体制支援事業が該当箇所です。

(注釈)
通常の医療機関でワクチン接種のために基本的に必要となる費用(予診や接種に係る医師や看護師等の費用等)は、ワクチン接種対策費負担金で措置されます。

支援事業に関するQ&A

​​​

参考

  • (個別接種促進支援)新型コロナウイルスワクチン接種促進支援事業については、こちらをご覧ください。

 ※ワクチン接種対策費負担金については、各市町村にお問い合わせください。

 

5 問合せ方法

お問合せフォーム

  • 上記お問合せフォームからお問い合わせください。
  • 一般的なご質問に関しては、厚生労働省作成のQ&Aを参考にしてください。

<個人の方へ>
こちらは職域接種を実施される接種団体のご担当者向けの窓口となります。個人の方の接種日や対象者の変更等は、接種団体のご担当者へご相談ください。

職域接種に関するQ&A

厚生労働省HP「職域接種に関するお知らせ」掲載のQ&A、手引き等を御確認ください。

 

 

このページに関するお問い合わせ先

このページの所管所属は健康医療局 医療危機対策本部室です。